八代亜紀

舟唄 – 八代亜紀

お酒はぬるめの 燗(かん)がいい
肴(さかな)はあぶった イカでいい
女は無口な ひとがいい
灯りはぼんやり 灯(とも)りゃいい
しみじみ飲めば しみじみと
想い出だけが 行き過ぎる
涙がポロリと こぼれたら
歌いだすのさ 舟唄を

沖の鴎に深酒させてヨ
いとしのあの娘(こ)とヨ 朝寝する ダンチョネ

店には飾りがないがいい
窓から港が 見えりゃいい
はやりの歌など なくていい
時々霧笛(むてき)が 鳴ればいい
ほろほろ飲めば ほろほろと
心がすすり 泣いている
あの頃あの娘を 思ったら
歌いだすのさ 舟唄を

ぽつぽつ飲めば ぽつぽつと
未練が胸に 舞い戻る
夜ふけてさびしくなったなら
歌いだすのさ 舟唄を
ルルル‥‥

人気の新着歌詞

男泣き – 八代亜紀

噂の好きな 人目をさけて街を離れる この身のつらさ何処に行こうか 行けばいいのか過去を引き

盛り場流れ唄 – 八代亜紀

夜の中洲は 思い出ばかり恋もしました 泣きました花を散らした この街で別れた人の いとしさ

人生の贈りもの – 八代亜紀

ここに生まれ 時をかさねてめぐり逢って 別れがあった古い歌を 薄く流して想い出ひとつ 手の

悪女 – 八代亜紀

マリコの部屋へ 電話をかけて男と遊んでる芝居 続けてきたけれどあの娘もわりと 忙しいようで

あなたに乾盃 – 八代亜紀

ごめん…なんて云われたらもう終わりです今度たけは言い訳も 何もなくていきなり両手をついて

日本海 – 八代亜紀

雨降りだらけの映画のようにすべてがぼやけて行くのです窓の右手に日本海 海は灰色 雨まじりあ

女の街角 – 八代亜紀

女の夢は 捨てたけどこの恋だけは 離せない涙 ぼろぼろ 夜の街あなたに逢えぬ 苦しさに心は

とおりゃんせ – 八代亜紀

とおりゃんせ とおりゃんせ此処はどんな おんな道右を歩けば 情道左を歩けば 棘道ゆらり ゆ

花水仙 – 八代亜紀

鉢植えの水仙を 買ったのはお風呂がえりの ゆうぐれ時ですこのゆかしさが おまえに似てるとあ

故郷へ… – 八代亜紀

流されて 流されてひとり傷ついて浮きぐさのようにいつか馴染んだ 夜の川帰りたいけど 帰れな

盛り場の雨 – 八代亜紀

捨てちゃいやだと 私が泣いた離すもんかと あなたも泣いた踏みにじられても 悔いはない恋のお

おんな – 八代亜紀

青い炎に 燃えつきながらあなた好みに つくられたこれも哀しい おんなの性(さが)よ逢えばし

あんた逢いに来い – 八代亜紀

泣かずに待てと 肩を抱き始発の汽車に 乗った人一ヶ月二ヶ月(ひとつきふたつき) 待たされ二

デスティニーラブ ~運命の人~ – 八代亜紀

デスティニーラブデスティニーラブいまこの瞬間(とき)に めぐり逢う運命の人よこんな奇跡(い

しあわせ気分 – 八代亜紀

電車に乗るといろんな人に逢うのです目の前に恐い顔したおじいさん隣に座った赤ちゃんをちらちら

望郷 – 八代亜紀

風に吹かれる浮草よりもいつもほほえむふるさとの父の温もり母の唄身振り手振りのひえつき節を身

あの日の昭和がここにある – 八代亜紀

古い酒場に来てみたらタバコで汚れたルノアール一輪挿しには作り花古いレコードシャリシャリとけ

あの頃に戻って – 八代亜紀

セピア色した ハネムーン写真笑顔で寄り添う あなたと私あれから何年 たったでしょうかときめ

離婚ともだち – 八代亜紀

馴染みの お店で 並んで飲めば香るとない そのトワレも 懐かしい…女房の 昔に 帰ったよう

夢の約束 – 八代亜紀

煙草持つ手が 似てたから思わず隣りの 客を見るひとり 駅裏 居酒屋で想い出数えて 飲むお酒

Back to top button