河合奈保子

愛してます – 河合奈保子

愛してます 泣きたいほどあなた
今まで会った人たち
消えてしまうほど好きよ
愛してます 捨てられたくなくて
あなたが誘う方へと 傾いてゆく ああ私

海へ続く坂道 はるかギリシャの小船
あなたは黙る 私も黙る ヨコハマ
冬の港の風は 街の風より甘い
大きな肩にもたれて歩く 黄昏

かまわない 今何言われても
かまわない 私はついてゆく
ギリギリ愛してます 泣きたいほどあなた
妖しい恋の火薬の においがしてる
海が鳴る

ひとつ灯がつけば ひとつ夜に近づく
あなたの声を 背中で聞いた ヨコハマ
いつか船で旅発つ 白いベールの私
今日がその日のはじまりならば いいけど

かまわない 海鳴りの底まで
かまわない 戻れない道でも
ギリギリ愛してます 泣きたいほどあなた
今まで会った人たち
消えてしまうほど好きよ
愛してます 捨てられたくなくて
あなたが誘う言葉に うなずいてゆく
海が鳴る

人気の新着歌詞

夏のヒロイン – 河合奈保子

青い渚 急に駆け出しながら突然言うのね 君が好きだなんて裸足のまま あなたに追いついたらも

涙のハリウッド – 河合奈保子

ピンクのダイナマイト スパークさせて落下傘(パラシュート)で恋に落ちた黄金(きん)のパーム

FOR THE FRIENDS – 河合奈保子

ふたりを忘れない 過ぎ去った輝きそしてこれからきっと出会える明日を笑いころげた日々 涙に暮

微風のメロディー – 河合奈保子

誘い風の甘いメロディー聴かせてねそして 素敵な夜迎えたいの 秘密月のテラスに座り待っている

エトワール幼稚園園歌 – 河合奈保子

このほしは きみがいるほしきらきらきみの ひとみのようにまぶしいほしあかるいきみの わらい

夢の跡から – 河合奈保子

一輪ざしで開いたポッピーお前の夢はどんな夢胸膨らませ画(えが)いた世界儚(はかな)く枯れて

Golden sunshine day – 河合奈保子

Mister sunrise窓を開けると花の香りがさわやかにWith the sunlig

エンゲージ – 河合奈保子

あなたが今でもひとりでいるって風の便りでね 聞かされたわ若さという名の情熱でふたり愛したあ

美・来 – 河合奈保子

女達が踊るジプシーは水だと唄う澱むことを嫌いただ流れつづけていると私を探す異国の路で生きる

悲しみのアニバァサリー~Come again – 河合奈保子

あの日を忘れないきっと失くさないさがしわびた愛最後のあなたに出逢えたあの日は優しさにそして

眠る、眠る、眠る – 河合奈保子

今年こそはきっと結婚を決めると去年の誕生日にも誓ったのに、あぁせめて今夜ぐらい電話をくれた

悲しい人 – 河合奈保子

こんな出逢いしかないかもしれない気まずく通り過ぎた恋他人の顔して胸で追いかけた地下鉄のラッ

Harbour Light Memories – 河合奈保子

風の悪戯だね あの日恋したのも今はすべてが夢 儚くさめてくひとり淋しさと肩を 組んで廻る観

刹那の夏 – 河合奈保子

恋した女は綺麗な夏の野性(けもの)平和(しずか)な仮面(かお)して愛さえ裏切れる哀愁祝祭(

THROUGH THE WINDOW~月に降る雪~ – 河合奈保子

手のひらをそっとあなたに開いた助手席に誰か落としたパールよキッスの途中で消えたささやきねT

ラヴェンダー・リップス – 河合奈保子

優しく steal my lips抱きしめて steal my heart霧が流れて 秋薄

ジェラス・トレイン – 河合奈保子

Don't go away Jealous guyDon't call me Jealou

オリエンタル・アイズ – 河合奈保子

羊飼う少年の瞳はサファイアのように生きている不思議教える出逢いは痛みに似た胸騒ぎね心のすき

「愛してる」 – 河合奈保子

彼女があなたのこと好きだって知ってるのやりきれなさにひとり いつも立ち尽くしているあの頃の

ANGELA −手をひいてアンジェラ− – 河合奈保子

磨き上げた 車でもしも 彼が来たら冷たく 追いかえして今なら 忘れられる傷だって 浅いはず

Back to top button