秦基博

Life is Art ! – 秦基博

ピカソが散らした青
陽射し 真似る ゴッホの黄色
恋した ダリのマゼンタ
萌え立つ モネのエメラルド

こんなに世界が 鮮やかに映るのは
はにかむ 君の笑顔に会えたから

La La La La Life is Art ! 僕らの色で
どんな名画より 今だけは輝いてる
『ラ・ラ・ランド』みたいに 踊り出す色彩
この二人の絵に タイトルをつけるのなら「愛」だな

綻ぶ 花のメヌエット
月の光 注ぐ ソナタ
そよ吹く 風のワルツ
おしゃべりな鳥たちのコンツェルト

あんなに世界は 黙り込んでいたのに
ときめく街は もはや オーケストラ

La La La La Life is Art ! 僕らの音で
どんな名曲より 君の声が聴きたくなる
『ラ・ラ・ランド』みたいに 歌い出すユニバース
その指のタクトで 永遠の魔法をかけておくれよ

La La La La Life is Art ! 僕らの色で
どんな名画より 今だけは輝いてる
『ラ・ラ・ランド』みたいに 踊り出す色彩
この二人の絵に タイトルをつけるのなら「愛」だな

人気の新着歌詞

虹が消えた日 – 秦基博

遠去かる鈍色の雲 街に残る雨の匂い揺らめく淡い空の向こう あの日見た約束の場所夢だったの?

My Sole, My Soul – 秦基博

今日はスニーカーを履いたよ 次の駅まで歩いてみよう使い古しくらいがきっとちょうどいい軽快な

君のいた部屋 – 秦基博

晴れ渡る空 雲ひとつないカーテンの隙間 僕だけ雨家具もまばらで殺風景な部屋の壁に 空の青 

メトロ・フィルム – 秦基博

こないだの雨で白い靴は汚れた携帯の充電は切れそうで切れない近頃 夜中 テレビばかり観てる彼

Selva – 秦基博

あこがれはそっと妬みに染まる僕ら あまりに遠すぎる僕は視線をずっと逸らせずにいる岸辺に舞う

パレードパレード – 秦基博

君はしたいことばかり済まして 僕の話を聞かない気もそぞろにお次はメリーゴーラウンド回転木馬

アゼリアと放課後 – 秦基博

いつだって臆病なせいで 友達の後ばかり追いかけたアゼリアと放課後ひとり はじめて自転車に乗

今日もきっと – 秦基博

何気ない空 褪せてく朝焼けの赤始発のベルが目覚ましのように鳴り響く句読点のない 急かされる

猿みたいにキスをする – 秦基博

放課後 君の部屋で隠れて いつまでもキスをする甘いようで少しだけ苦い はじめての味を知るパ

SEA – 秦基博

昨日の夜 観た映画に感化されて 取る物も取り敢えずキーをまわしたまだ眠る街を通り抜けていく

oppo – 秦基博

ほら 始まるよ 危ない駆け引き優位に立ちたいの 今後のこと 見据えて泣いたってダメだよ そ

ドキュメンタリー – 秦基博

街に注ぐ わずかばかりの光 暗い雲の隙間からこぼれるこんな潤んだ目じゃ 晴れ間にもすぐに気

夕凪の街 – 秦基博

夕凪の街で 不意にバスを降りたんだ大好きだった君と暮らした街神社まで続く 桜並木の途中で君

猿みたいにキスをする(Live at The Room) – 秦基博

放課後 君の部屋で隠れて いつまでもキスをする甘いようで少しだけ苦い はじめての味を知るパ

水無月 – 秦基博

難解な数式よりも 複雑に絡まる日々が僕らのことを待ってる水無月の空 希望に潤んで どこか戸

1/365 – 秦基博

36.5℃の温もりしか僕にはないけど君の孤独を少しはあたためてあげられるといいな365日の

恋の奴隷 – 秦基博

考えることはただひとつ やわらかで卑猥なあなたがんじがらめのこの胸を いっそう苦しくさせる

トラノコ – 秦基博

また嘘をついてしまう 嫌われたくなくてお茶を濁してしまうんだトマトも嫌いだし サーフィンな

エンドロール – 秦基博

シャーベット 都会の雪は すぐに融けて消えてしまうんだあっけないラストシーン いつか君と歩

Dear Mr.Tomorrow – 秦基博

冷淡な街の情景 深くなるその陰影駅前に響く演説 帰る人の波は整然立ち止まり俯く少年 路上に

Back to top button