さだまさし

もーひとつの恋愛症候群 – さだまさし

恋と呼ばれる一過性の発情症候群に於ける
その発病及び傾向と対策をここで考え直す
国籍、成績、月収、貯金、単身赴任
賞罰のあるなしにかかわらず凡そ次のとおり

なにしろ気がつきすぎるから人の悩みまでしょい込んで
疲れたあげく人にうとましがれる A型
気が向いたら異常に優しいけれども
めったに気が向かずすぐ根に持ち
わがままでも うらまれない B型
回りの情況はひどくクールに判断するくせに
自分の事は何も見えない AB型
信じやすくだまされ続けてもうだまされるもんかと
誓った翌日まただまされる O型

その他いきなりわめきちらして壁に頭突きをするケース
夜中にライバルのわら人形にクギを打つ場合
海にばかやろーというつもりでこんにちわと叫んだり
突然ニヤけて気味悪がられる方もある

なにしろこれらがある特定の人に力を与えるってことは
恋は一種のエネルギーと考えてよい

恋におちたら一部の例外を無視すればおよそ
男は男らしく女は女っぽくなるものらしい
人相、トランプ、十二支、ゲタ占い、そのほかコックリさん迄
相性占いなど気になったらもう恋

相手には自分の足を細く長く見せたがるものであるし
相手のあばたもえくぼにみえる ほんに恋はブラインド
食べもの、見る物、聴く物、くだもの すべて好みが
合うと思うし 毎日が二人の記念日になる

処が一年二年もたたずに見えてくるんですね
恋とは誤解と厄介に上の苦界
そのうち何だかお互い知らない人の思えてきて
次第に疲れて 会っても欠伸が出る

初めは電話、ラブレター、プレゼントなどで築いた
恋がいつか
長電話、門限破り、親への反抗に変わりやがて
わりかん、やきもち、口論、浮気そして
学力低下、親の怒り、やけくそ、めちゃめちゃ
開き直り 夜遊び あげくは
不純異性交遊で AとBとCと
……しーらない

とにかくそんな風にさめてしまった方が
傷つかずに済むってわかってるんだ
悲しいね そうだろう

恋は必ず消えてゆくと誰もが言うけれど
ふた通りの消え方があると思う
ひとつは心が枯れてゆくこと そしてもうひとつは
愛というものに形を変えること

相手に求め続けてゆくものが恋 奪うのが恋
与え続けてゆくものが愛 変わらぬ愛
だからありったけの思いをあなたに
投げ続けられたら それだけでいい

おそらく求め続けるものが恋 奪うのが恋
与え続けてゆくものが愛 変わらぬ愛
だからありったけの思いをあなたに
投げ続けられたら それだけでいい

あなたに 出会えて
心から しあわせ です

人気の新着歌詞

春待峠 – さだまさし

白い 白い雪の下を 流れる水に色とりどりの鯉 揺らいだ青い 青い空を写し 流れる水に君の淋

女優 – さだまさし

涙こぼし別れ告げた 思いついた嘘で棄てたけれど嘘と思いはしない そんな世界で暮らしてる空は

おむすびクリスマス – さだまさし

君はもう忘れてしまったかしら二人だけのクリスマス・イヴあの頃僕等 お互いの愛のほか何も持た

渚にて −センチメンタル・フェスティバル− – さだまさし

君は知らぬ間に ベッドから脱け出して庭づたいに浜辺 素足で歩いてる長い黒髪は 逆光線に透け

桐の花 – さだまさし

鈍色の空を 低く飛ぶ鳥が短く啼いてゆきます 真昼の雨遠くで季節のかわりゆく音を独りきり聴い

記念樹 – さだまさし

少し大人びた午後の陽射しの中をわざと背中伸ばして今あなたの腕の中から歩きはじめたところ信号

Close Your Eyes −瞳をとじて− – さだまさし

Close Your Eyes 瞳をとじてOpen Your Mind 僕をみつめて悲しい

O.K! – さだまさし

O.K! 君が望むなら僕たちの夜はまだこれからO.K! 翼をあげよう二人きり この空を翔び

夢一匁 – さだまさし

閑かな日だまりに並んだ ささやかな鉢植えの様に老人たちは おだやかに吹いて来る 風を聴いて

草枕 – さだまさし

寂しさに耐えかねて 窓をあければ西に傾く月影に 蒼くふちどられて浮浪雲遠くで枕木が 旅をか

長崎BREEZE – さだまさし

路面電車の窓から想い出が風の様に おだやかに吹いてくる海風を孕んだ あじさい色の空君を愛し

ねこ背のたぬき – さだまさし

ねこ背のたぬきがね………。おこぜのサシミをね買って帰ったってサねこ背のたぬきは酒の肴に か

上海小夜曲 – さだまさし

ひとり来た思い出の上海今もなお きみを想う黄昏 行き交う見知らぬ女どこかきみに似ていた街路

Final Count Down – さだまさし

いつまでも 踊ってないでもうそろそろそろ 終りにしよう急がなければ 僕等の馬車が南瓜に戻る

Bye Bye Blue Bird – さだまさし

Bye Bye Blue Bird今あなたは光を浴びて翔び発つ鳥Bye Bye Blue

8つ目の青春 – さだまさし

僕が先輩を尊敬している訳は男は恋をしていればいつだって青春だぞと幾度倒れてもきっぱりと言い

沈吟 – さだまさし

もうこれ以上 迷わせないで気紛れに優しい それが辛いあゝ あなたの その微笑みをいっそ憎め

サイボーグ・サイボーグ −アルミニウム製の子供たち− – さだまさし

ジュラルミンのスーツで身を固め同じリズムに足並揃えラッシュ・アワーもリゾート・ホテルも同じ

風が伝えた愛の唄 – さだまさし

君が今口ずさんだ唄は 誰に教わったのもう一度聴かせてよ もう一度なつかしい愛の唄今 時を越

あなた三昧 – さだまさし

頑張りすぎないでね 何もいらないからあなたが元気でいたなら 何もいらないからお仕事大変でし

Back to top button