じん

イマジナリーリロード – じん

散々な今日が 終わって
「大失敗だ」って 笑って

なぁなぁに なってしまいそうな
そんな一話の中で

冗談みたいな 希望を
願って 祈って 縋って

嘆いていたんじゃ ほら
変わらない

反駁しよう
酷い嘘で 諄く染まった景色を

もう否定しよう
悔やんでしまうくらいなら

0からでも構わないさ
始めよう

目が開いて さぁ、さぁ、開戦
間違って ゲームオーバー

擦りむいて 血を流して
もう 前後不覚で 失点 失点

転がって 目を回して
ふらついて 朦朧したって

強く 思い浮かべた
一つの言葉

「泣かないで!」
不恰好に 喰らい付いたまま

脳内を満たした
新次元 大胆な第一歩

嗄れそうな想いが 結ぶ力を
胸の奥 宿したまま

出来合いの世界を
ご都合の未来を
絶望の今を 睨みつけて

消えそうな ストーリーを
加速していく 現在を
一層 一層 焦がして

目を合わせたまま

淡々と今日が 終わって
滔々と昨日に 変わって
段々と腐っていく

丁々発止 流れ流れて

散々な今日の死骸を
踏み潰して歩いた
何百回と繰り返してきた

私が私じゃ なくなって
悲しいお話が 始まる

自分が自分じゃ なくなって
悲しいお話が 始まる

理想が理想じゃ なくなって
悲しいお話が 始まる

疑問が疑問じゃ なくなって
悲しいお話が 始まる

私が私じゃ なくなって
悲しいお話が 始まる

自分が自分じゃ なくなって
悲しいお話が 始まる

私が私じゃ なくなって

わたしがわたしじゃ なくなって

わたしじゃ なくなったわたしを

きみにあげる

受け取った今日は
血の匂いがした

もう何回も 明日未満に
立って泣いていた

「悔しいな」なんて言葉 似合わない

空想を叫べ! 今!!

「負けない!」と
声が心臓を打ったなら

さぁ、さぁ、最終決戦 超次元
挑んだ 第一章

爆ぜそうな想いで 染まる明日が
胸の奥 輝いたまま

想像の世界と 空想の未来が
重なった今を 握りしめて

色めいた ストーリーを
加速していく 現在を
一層 一層 描いて

手を伸ばしたら きっと きっと

笑って 目を覚ませるから

人気の新着歌詞

シニガミレコード – じん

存在の意味を考えた一人ぼっちの化け物は「人なんてすぐに死んじゃう」と呆れ顔 続けてた一人ぼ

メカクシコード – じん

希望の消えた世界は太りすぎてちょっとも飛べない。依然僕にマチガイをインポートする。ズボンの

コノハの世界事情 – じん

意味と夢と命を集めて作られてしまった身体は終わった命を蒸し返す機械らしい【これは彼の昔のお

如月アテンション – じん

Wow 行き先はどうしようちょっと 私服じゃマズいかなあぁ、何もかも放り出しちゃった午後W

透明アンサー – じん

目まぐるしくもないそんな毎日を漂う様に何度も席に座って「さぁ、どうかな?君は。」また試す様

人造エネミー – じん

「夢の消えた毎日を繰り返していたって意味などないよ。」と素晴らしいこと言うね君もそう、「非

空想フォレスト – じん

夏風がノックする窓を開けてみると何処からか 迷い込んだ鳥の声読みかけの本を置き「どこから来

カゲロウデイズ – じん

8月15日の午後12時半くらいのこと天気が良い病気になりそうなほど眩しい日差しの中すること

エネの電脳紀行 – じん

世界終了の折に逃げ切って終焉を見たそんなので私は「特例」なんだってホルマリンの香りが溢れか

群青レイン – じん

「眠れないよ」って泣いてる君に絵本を読んでた雨音がノックしていて「明日も読もうね」ってまた

チルドレンレコード – じん

白いイヤホンを耳にあて少しニヤッとして合図する染み込んだこの温度がドアをノックした瞬間に溢

ヘッドフォンアクター – じん

その日は随分と平凡で当たり障り無い一日だった暇つぶしに聞いてたラジオからあの話が流れ出すま

サマータイムレコード – じん

昨日も今日も晴天で入道雲を見ていた怠いくらいの快晴だ徐に目を閉じて「それ」はどうも簡単に思

マリーの架空世界 – じん

同じ声 同じ風景に気付けずに 心は弾むのでしょうまた次の同じ未来も新しく思えてしまうのでし

オツキミリサイタル – じん

「もう、どうやったって無駄かもな」泣きそうな顔 見ていた「諦めないでよ」みたいな言葉じゃ 

アヤノの幸福理論 – じん

思い出していたのはまた、家族の事「アヤノはお姉ちゃんだから皆の事、よろしくね」赤煉瓦の壁 

ロスタイムメモリー – じん

数年経っても 影は消えない感情ばかりが 募って行く踞って 一人 描いていた炎天直下 坂道の

アウターサイエンス – じん

矮小(ちいさ)く惨めに生きた生命が死んではドアを叩くでしょう小さな主は見兼ねる 「嫌な話だ

少年ブレイヴ – じん

「虐めないでよ」って泣いてばっかり震えちゃうのも仕方ないのです孤独を敏感に恐れている少年の

夕景イエスタデイ – じん

注ぐ太陽浴びて 楽しげにはしゃぐ人の顔を睨みながらに 横切っていく徹夜明けの朝で腹が立って

Back to top button