五条哲也

放されて – 五条哲也

水に七色 ネオンの花は
夢がありそに 浮かれてるけど
私(うち)はあんたに 放されたまま
ひとり曽根崎 はぐれ鳥
忘れなあかん… 忘れなあかん
あんたなしでは よう生きられん
忘れなあかん… 忘れなあかん
おんなやもん
洒落た女で いたいのやけど
私はやっぱり 演歌です

あいつばかりが 男やないと
グラス片手に 気取ってみても
ゆうべ大阪 捨てたと聞けば
知らず知らずに 目が濡れる
泣いたらあかん… 泣いたらあかん
泪ぼろぼろ よう止められん
泣いたらあかん… 泣いたらあかん
おんなやもん
いっそ放そか 大淀川へ
あんた恋しと 哭くこころ

忘れなあかん… 忘れなあかん
あんたなしでは よう生きられん
泣いたらあかん… 泣いたらあかん
おんなやもん
いっそ放そか 大淀川へ
あんた恋しと 哭くこころ

人気の新着歌詞

指環のあと – 五条哲也

指環のあとが そこだけ白い別れた後の くすり指あなたの…あなたの… あなたのせいよあんなに

北へ流れて – 五条哲也

堅気(かた)いくらしは できない俺に泣いていゝのと すがるやつそれが愛だと わかっても純な

記憶を抱きしめて – 五条哲也

風のにおい空の色が 優しくて泣けてくる窓から見える坂道に 君の姿を探してる儚い記憶が 僕を

ほたる川 – 五条哲也

甘いネオンの こぼれ灯にひかれ今夜も来たんだね 泣きながら一つ二つ ホラ三つはぐれほたるよ

昭和最後の秋のこと – 五条哲也

貧しさもつらくない 四畳半にも夢がある嘘をつかない約束で 肌を寄せあう二人なら死にましょう

新宿はぐれ鳥 – 五条哲也

別れ話の いきさつはささくれ畳に 聞いとくれ今じゃ喧嘩も できないがどうしているのよ こん

ゴンドラの唄 – 五条哲也

いのち短し 恋せよ少女(おとめ)朱き唇 褪せぬ間に熱き血潮の 冷えぬ間に明日(あす)の月日

酔いしれて – 五条哲也

小雨の中に あなたを残し別れも言わず 背中を向けて来たあなたの愛が 重荷だなんて冷たく私 

越前ひとり – 五条哲也

あなたを忘れる 旅なのに日暮れの浜辺は 人の影もなく 淋しさばかり愛しては いけないと 私

酔っぱらっちゃった – 五条哲也

飲めるわよ酒ぐらいたかが色つき水じゃない聞いてるわサヨナラをまわりくどいわ言い方が酔っぱら

おんな港町 – 五条哲也

おんな港町どうしてこんなに 夜明けが早いのさそれじゃ さよならと海猫みたいに 男がつぶやい

愛のままで… – 五条哲也

小鳥たちは 何を騒ぐの甘い果実が 欲しいのですか他人(だれ)かと比較(くら)べる 幸せなん

越冬つばめ – 五条哲也

娘盛りを 無駄にするなと時雨の宿で 背を向ける人報われないと 知りつつ抱かれ飛び立つ鳥を 

役者 – 五条哲也

愛の幕切れは涙の数だけあんたの背中に子守歌芝居がかったひとりよがりのふられ役なら慣れっこだ

別離~イビョル~ – 五条哲也

時には思い出すでしょう 冷たい人だけどあんなに愛した想い出を 忘れはしないでしょう青い月を

時の流れに身をまかせ – 五条哲也

もしもあなたと 逢えずにいたらわたしは何を してたでしょうか平凡だけど 誰かを愛し普通の暮

ひとり旅 – 五条哲也

見知らぬ町の 古い居酒屋で柳葉魚サカナに ひとりのんでます扉あくたび ちょっと風が吹き洗い

命くれない – 五条哲也

生まれる前から 結ばれていたそんな気がする 紅の糸だから死ぬまで ふたりは一緒「あなた」「

待子は神戸で泣いてます – 五条哲也

世間知らずの 泣き虫に惚れたと言ったわ やさしく抱いた今日はひとりの メリケン波止場あなた

あきらめ上手 – 五条哲也

愛したことに 嘘はないけれど隠せはしないわ 世間(ひと)の眼に男のあなたは 将来(あす)が

Back to top button