古都清乃

法師の宿 – 古都清乃

雨が止みました いい月ですよ
みて下さいと 窓をあける女(ひと)
湯上がりなのか 黒髪の
甘い香りに ふりむけば
一輪のカトレアが
夜風に白く 咲いていたよ

淋しさを友に 暮らしていると
人恋しくて たまらないんだろう
生々(ういうい)し気に お酌する
細い手首に 傷の跡
“みつめてはいやです”と
小袖で隠す 山家の女(ひと)

虫の音(ね)をききに ぜひもう一度
約束してと 別れ惜しむ女(ひと)
一度だなんて 水臭い
三度四度(みたびよたび)を 待ちますと
言わせたい 泣かせたい
湯情が宿る 法師の宿

人気の新着歌詞

死ぬまでおんな – 古都清乃

夕暮れどきに灯りが映る 水面(みなも)を見つめて春まだ遠い町にひとり 私は住んでいます思い

あなたひとりに片想い – 古都清乃

私が本気で 好きになった人からだもこころも 私のすべてなの星の数ほどいるなかで 男がいるな

ひとり傘 – 古都清乃

女物でも よかったならばあなた お持ちになりますか濡れるにゃ冷たい 春時雨…送りたいけど 

若狭夜曲 – 古都清乃

白い小さな 風蘭の花が咲いてた 城の跡紅がら格子 小浜まち若狭雲浜(わかさうんびん) 獅子

ひめゆりの唄 – 古都清乃

なにも知らない 幼い身にも心細かろ 夕日の色は燃える沖縄 戦さの巷母のない子に 母のない子

雨の道頓堀 – 古都清乃

あんたとわてが 泣くさかいこぼれる涙が 雨になるこんなに濡れて しもうたわ別れがつらい 仲

津軽夜曲 – 古都清乃

あなたの熱い おもいでがわたしを燃やす 街灯り紅くせつなく やるせなく涙の中でゆれている夜

根来の子守唄 – 古都清乃

ねんね根来の よう鳴る鐘はョ一里聞こえて 二里ひびくョバイバイねんね根来の かくばん山でョ

佐渡育ち – 古都清乃

島のつばきと このわたし紅く咲いてる 燃えているあの夜が嘘でなかったらはやく来て来て 逢い

恋のかぞえ唄 – 古都清乃

一つ一目で 相惚れて二つ二人で 共苦労三つみせます 心意気女ですもの 女ですもの好きなお方

忍冬(すいかずら) – 古都清乃

夢のかけらに つまずいて耐えて忍んだ 冬もある泣いた分だけ ほほえみ合えばいい日がきっと 

加恵 ~華岡青洲の妻~ – 古都清乃

紀ノ川の 紀ノ川の名もない医者の 嫁に来た白く咲くのは まんだらげ赤く咲くのは 愛の花…息

おんなの命 – 古都清乃

遠くはなれて 苦しむよりもすぐに飛んで 行きたいあなたのそばに とても辛くてとても辛くてあ

まよい船 – 古都清乃

海はあら波 雪が舞う波のしぶきに ないているかもめきいてよ この胸おもい船がゆくゆく 船が

わたしの波止場 – 古都清乃

すべてをすてて 来てみたのあなたの波止場北の海二度目の恋は 不安ですふるえる肩を 抱きしめ

女の一生 – 古都清乃

わたしゃ さびしい雪女冷たい風に 耐えて来た雪が降る時ゃ 凍りつく燗酒ぐいっと ひと飲みゃ

ふたり船 – 古都清乃

飲めないお酒を 飲みほしてほほを染めても いいですか窓の外には さびた船ふたり泊まりの ふ

加茂川ブルース – 古都清乃

情ながした 加茂川にとけた淡雪 はかなくて好きや好きやと 寄り添うた恋の真実(まこと)が 

沓掛時次郎 – 古都清乃

すねてなったか 性分なのか旅から旅へと 渡り鳥浅間三筋の 煙の下にゃ生れ故郷も あるってい

伊太郎旅唄 – 古都清乃

筑波山さえ 男体女体伊太郎かなしや 一本どっこ利根の河原じゃ すすきも泣いたふいとやくざに

Back to top button