吉田省念

Stupid Dancer – 吉田省念

チューイングガム膨らまし
破れたらやり直し
靴紐が解けたら
躓いてまたやり直し
初めてのこの感じ
嫌いじゃないこの感じ
ナチュラルハイで続けたい

Dance Stupid Dance 君と踊りたい
Dance Stupid Dance Stupid Dance Stupid Dance
Dance Stupid Dance 踊り続けたい
Dance Stupid Dance Stupid Dance Stupid Dance

好きな人見つけたら
つま先で踊りだす
馬鹿げてるって言われても
止まらないこの感じ

Dance Stupid Dance 君と踊りたい
Dance Stupid Dance Stupid Dance Stupid Dance
Dance Stupid Dance 踊り続けたい
Dance Stupid Dance Stupid Dance Stupid Dance

君が踊ってる所を別の星からそっと見つめてる

Dance Stupid Dance 君と踊りたい
Dance Stupid Dance Stupid Dance Stupid Dance
Dance Stupid Dance 踊り続けたい
Dance Stupid Dance Stupid Dance Stupid Dance

人気の新着歌詞

うたの木 – 吉田省念

誰もいない静かな森で ひっそりと旅人を待ってる色とりどりの実をつけて 風の合図で唄うメロデ

残響のシンフォニー – 吉田省念

変幻自在に雲が描くこの空にはルールはない真っ青のキャンバス 一羽の鷹が風を束ねて空を舞う雨

青い空 – 吉田省念

青空を見ているハートはなしどこかに飛んでいったんです雲が流れて来て遠くを飛ぶ鳥のように青空

LUNA – 吉田省念

窓の外は暗いアンテナが光って伸びたお願いRadiostar音楽の魔法をかけて君に会いたくな

春の事 – 吉田省念

それは20数年前の事僕が産まれてまだ間もない春の事今も変わらずそこにある物語がそこにあるい

小さな恋の物語 – 吉田省念

溶けたガラスの中で君はシャボンで円を描く僕はその中くぐり抜けて君もなんか嬉しそうだね意味は

晴れ男 – 吉田省念

軽くステップ踏んで 一人出かけよう誰も来ない秘密の場所 雲だけが見てる髭も剃ったし 歯も磨

水中のレコードショップ – 吉田省念

浜辺を一人テクテク歩く風のない夜をさまよった遠くで光りプカプカ浮かぶいっせーのーで船に飛び

夏がくる – 吉田省念

友達も恋人も それぞれの道をゆくあじさいを携えた 誰もいないある朝いつの日かあの唄も ひび

一千一夜 – 吉田省念

遠ざかってく街を眺め果てしなく流線型に景色は流れてく目を閉じれば昨日までの事がとても遠い昔

カサナリアッテクオト – 吉田省念

重なりあってく音 虹みたいに重なりあってく音 ゆっくりと君の部屋の窓から 溢れ出して星づく

Dead Flower – 吉田省念

How many もう数えきれないよ この空の星の数なんてそんな事はもうどうだっていいよ 

月と太陽 – 吉田省念

誰もいない商店街 何処迄もトボトボ歩く眩しい月と太陽 いつだって見守ってる一晩中考えてる 

桃源郷 – 吉田省念

丘の上まで息を切らして 駆けて眺むる富士の山海の向こうの君の家まで 夕凪を縫ってひとっ飛び

茶の味 – 吉田省念

風はただ優艶に 庭の花をゆすって遊ぶ羽音たてて蜂が飛んで 蕾の中ゆすって遊ぶ君と暮らす一つ

雨男 – 吉田省念

雨が降って街は急ぎだした僕は止まって立って眺めてた傘は回り万華鏡みたいだな雨の音ずっと聞い

Moss – 吉田省念

家の前を掃除しているんだ 起き抜けの路地裏で月曜日待ち遠しい 気持ちにゆとりある日々とても

霊魂の涙 – 吉田省念

夜の海を泳いだ 浜辺から君がみてる月明かり降り注いだ 記憶の深い海波の音だけで何も聞こえな

Back to top button