小林美樹

思春期の感情 – 小林美樹

コートの片隅でラケットふりながら
今ボロボロと泣きじゃくる私はひとり
あなたに誘われて楽しく過してた
あのすばらしいひとときは まぼろしかしら

汗にまみれた顔のままくちづけて
目がくらむ衝撃感じてた あの時は何

素肌にひんやりと季節の風邪が吹き
肩にはおったカーディガン
なぜか重たいの

君しかいないよと私にささやいて
そのまごころがほしいよと見つめたあなた
このまま友だちでいたいとつぶやいた
私の嘘を見ぬけずに どこかへ行った

傷つくほどに力こめ抱きしめて
この世には二人がいるだけと信じたけれど

素肌にひんやりと季節の風が吹き
肩にはおったカーディガン
なぜか重たいの

人気の新着歌詞

恋にサヨナラ – 小林美樹

もう二度とあなたに 逢わないわもう誘われても 行かないわそうよいつもの お店にも行かないな

太陽の誘惑 – 小林美樹

不良少女だと 思われていいのよあなたの注意を ひきたいのそっと目をとじて くちづけ待ってる

一輪ざし – 小林美樹

一輪ざしにはしおれた花が私の悲しい胸のようあなたが毎日とどけてくれてたあの花 五日もとどか

乙女の館 – 小林美樹

駄目よ 駄目よ のぞいちゃ駄目よ乙女心のぞいちゃ駄目よ少女が大人に変って行く時罪の匂いが少

太陽のとびら – 小林美樹

哀しみだけ 残したまま風のように消えた 初めての恋よあなたに逢う 少しまえの小さな出来事 

ボーイハント – 小林美樹

わたしの大好きなやさしいおもかげ夢見る瞳よ今ごろあの人は町から町へとさまよい歩くのか?恋は

ネイビー・ブルー – 小林美樹

ブルー ネイビー・ブルーわたしの彼は青いおめめをした水兵さん大きなお船で彼は 海の上毎日逢

ジョージー・ガール – 小林美樹

ヘイ・ゼア ジョージー・ガール夢からもうさめて恋する日は そこまで来ているそうよ ヘイ・ゼ

ガイ・イズ・ア・ガイ – 小林美樹

私のママが言いました男はみんな狼よだから おもてでは知らぬ人にお口を聞いてはいけませんよ言

人魚の夏 – 小林美樹

自転車を走らせて 灯台をまわりぎらぎらの砂浜を 私は駈けて行く麦わら帽子を 投げ捨てて真白

マイ・ラブ – 小林美樹

愛は かがやく陽差しより暖かく愛は 大きな海よりなお深い愛は 夜空の星よりきらめくものそれ

春の湖 – 小林美樹

波がひたひた寄せている水をすくうとあたたかい春がそこまで来ています私 嫁(とつ)いで行くの

太陽と恋と夢 – 小林美樹

潮風が好き 太陽が好き真夏の海を 見てるのが好きそのひとは そんな時あらわれたの真黒な顔し

ふたりの草原 – 小林美樹

あなたに誘われて ここまで来たわまぶしい陽のひかり ふたりの草原つば広帽子で 顔かくしてう

悲しい妖精 – 小林美樹

あなたに捧げた愛はかなく消えて行き私は今涙で枯葉を見つめてるくちづけの想い出を指でたどりつ

Back to top button