岸千恵子

パッと咲いて – 岸千恵子

どうせ人生 一回なんだから
やりたいように 生きてはいかがです
あれこれ世間を 気にしてばかりじゃ
何も出来ない つまらない
ああ… 夢を追いたきゃ 追うも良し
ああ… 恋をしたけりゃ それもいい
パッと咲いて パッと散って
チョイと人生 花ざかり

どうせ死ぬ時 ひとりっきりだから
言いたいことを 言ったらいかがです
いい子のふりして 我慢をしてたら
そうよ躰に 悪いから
ああ… 文句言いたきゃ 言うも良し
ああ…愚痴を言いたきゃ それもいい
パッと咲いて パッと散って
チョイと人生 泣き笑い

ああ… 酒を飲みたきゃ 飲むも良し
ああ… 歌を唄えば それもいい
パッと咲いて パッと散って
チョイと人生 花ざかり

人気の新着歌詞

故郷がいい – 岸千恵子

祭は津軽のハネがいい季節は 短い夏がいい花なら白いリンゴがいい酒なら辛めの地酒がいいつらい

南部牛追唄 – 岸千恵子

田舎なれどもサーハエ南部のくにはヨー西も東もサーハーエー 黄金(かね)の山コーラ サンサー

秋田大黒舞 – 岸千恵子

明の方から福大黒 舞い込んだナーサーサ舞い込んだ 舞い込んだナ何が先に立って 舞い込んだナ

津軽小原節 – 岸千恵子

ハアー 唄にひとすじ命をかけてかけてこの世に生きる身は人の知らない苦労があるハアー 義理に

津軽じょんから節(浪曲入り) – 岸千恵子

ハア津軽よいとこ一度はおいで私が生れの弘前城は桜満開日本で一よ岩木お山に春風吹けば乙女ごこ

津軽母情 – 岸千恵子

戻ってけろや戻ってけろや津軽の故里(さと)へひろし…何処(どこ)にいるのやら達者(まめ)で

お酒だよ – 岸千恵子

お酒だよ お酒だね浮気亭主に 腹立つときはおんな同士で 呑もうじゃないくよくよしたって 目

津軽挽歌 – 岸千恵子

雪が逆巻く 津軽の里を今日も上りの 汽車が行くいあんたの 面影抱けば柱の暦に 目が止まるハ

千恵っ子よされ – 岸千恵子

津軽生れで 海峡育ち男まさりは 親ゆずり波と波と唄った よされ節あーよされ よされは 恋し

津軽音頭 – 岸千恵子

岩木お山は よい姿津軽むすめは 見て育つ海の青森 緑の八甲田霞たなびく 湯のけむり西の鯵が

オホーツクの母 – 岸千恵子

海で死んだら魚になるとそんな冗談いってたせがれみぞれまじりの風が吹く海は暗かろ冷たかろう母

青森いちばん – 岸千恵子

隣同士がよ 名前も知らぬよ都会ぐらしも 悪くはないがやっぱり私にゃよ 青森いちばん待ってろ

Back to top button