柏原芳恵

白夜の国へ – 柏原芳恵

赤いランプがガラス越しに
冬の空へと舞い上がるわ
旅立つ前のエアー・ポートで
わたしはひとり

優しすぎた 愛しすぎた
あなた あなた どこへ

白夜の国で涙を捨てて
生まれ変われる気がするわ
別れたのもこんな夜ね
外は雨 雨 雨

ファイナル・コール響くフロアー
あの日のことを想い出すわ
見知らぬ女がほほえんでた
あなたのとなり

忘れられる 強くなれる
わたし わたし きっと

白夜の国で傷を癒して
歩き直せる気がするわ
出逢ったのもこんな夜ね
外は雨 雨 雨

白夜の国で涙を捨てて
生まれ変われる気がするわ
別れたのもこんな夜ね
外は雨 雨 雨

人気の新着歌詞

No.1 – 柏原芳恵

男の瞳は指先のようにドレスを…一枚ぬがしてしまう男の言葉はピストルのように心の真中 射(い

100%のかなしみ – 柏原芳恵

そんなの そんなのないわそんなの あまりというものよだけど だけど…バイ バイ バイそれじ

レディ直前 – 柏原芳恵

もう少し もう少しよあでやかな淑女に私はきっと変るでしょう目の前の鏡の中大人びた顔と子供の

乙女心何色? – 柏原芳恵

乙女心何色 季節かわるごとにそおよ 今はバラ色なの白いペンキにぬりかえた 窓を開ければ 春

抱きしめる, という感じ – 柏原芳恵

しあわせは肌ざわり言葉に出来ないという感じ という感じ抱きしめる, という感じゆうべより今

めらんこりい白書 – 柏原芳恵

いけないことですかそんなに いけないことですかくちづけをしましたそれだけのことでしたにぎわ

何でもない 何でもない – 柏原芳恵

一番電車が太陽をひっぱって都会の屋根を真赤に染める今日がはじまる昨日が終っていないのに小さ

フィフティーン・ラブ – 柏原芳恵

背中あわせよ Back to Backうしろ姿の フィフティーン・ラブフリフリフリ向けば 

第二章・くちづけ – 柏原芳恵

好き 好き 好き 好き透きとおった時間の中で自然に流れて行くのが 好き 好きラジオのボリュ

チャンスは急に – 柏原芳恵

ふとしたはずみ それはよくあることだわ私がある日のりおくれたバスに あなたがいたのその日か

女ともだち – 柏原芳恵

ため息みたいに聴こえる最終バスのブレーキ・ノイズターミナルで待つ恋人たち乗り込むのは彼女だ

ふたたび~See you again – 柏原芳恵

今めぐり逢えたあなたに送る私の心を風船に添えいつかこのときめきがきっと届きますねと白い雲ま

坂道 – 柏原芳恵

帰り通 汐風に二人肩ならべ 笑いあうしぐさアー あの子の心話したのは私だったけどいつも遠ま

夏のたった今 – 柏原芳恵

おはようと一言 めざめのごあいさつよ夏の風 窓からそよそよ吹いてくるわ起きなさい お昼です

思案のスクリーン – 柏原芳恵

ずぶ濡れの雨の海岸にたおれたパラソル夏の日の思いがけない出会いだったサヨナラとふりむくバス

髪 – 柏原芳恵

長い髪が好きだとあなた昔だれかに話したでしょうだから私こんなに長くもうすぐ腰までとどくわそ

渚便り – 柏原芳恵

涙色した貝は私の心あなたの指からこぼれ落ちた 波のしずくサヨナラは 砂の色私の手を はなれ

二杯目からのはじまり – 柏原芳恵

一杯のお酒を飲むだけで酔った心地になれるのよあなた 私のこと好きですか相手になってくれます

スノーバード – 柏原芳恵

心の扉に降ろしたブラインド目を閉じたまま 思いきり開けたあなたの視線にとまどう私は映画のま

ハリウッド・ロマンス – 柏原芳恵

午前2時の都会は華やかなメインストリート気障(キザ)な男と女が主役の街になる危険な恋だから

Back to top button