森光子

君恋し – 森光子

宵闇 せまれば
悩みは はてなし
みだるる 心に
うつるは 誰(た)が影

君恋し
唇 あせねど
涙は あふれて
今宵も 更(ふ)け行く

唄声 すぎゆき
足音 ひびけど
いずこに たずねん
こころの 面影(おもかげ)
君恋し
想いは みだれて
苦しき 幾夜(いくよ)を
誰(た)がため 忍ばん

君恋し
唇 あせねど
涙は あふれて
今宵も 更け行く
今宵も 更け行く……

人気の新着歌詞

別れのブルース – 森光子

窓をあければ 港が見えるメリケン波止場の 灯が見える夜風 汐風 恋風のせて今日の出船は ど

月夜のタンゴ – 森光子

今日がまたひとつ終わる数知れぬ人の 様々な想い連れ過去がまたひとつ増える出逢いも別れも い

時間ですよ~東京下町あたり – 森光子

曲がりくねった露地に人のこころが流れ忘れかけてたものを誰もが不意に想い出して行く東京下町あ

恋心 – 森光子

恋は不思議ね 消えたはずの灰の中から なぜに燃えるときめく心 せつない胸わかれをつげた ふ

東京の屋根の下 – 森光子

東京の屋根の下に住む若い僕等は幸福者日比谷は恋のプロムナード上野は花のアベックなんにもなく

想い出ぼろぼろ – 森光子

ドアを細目に開けながら夜更けにアイツが帰ってくる蛇口に顔を近づけて水飲む音が聞えてくる言い

いい日旅立ち – 森光子

雪解け間近の北の空に向い過ぎ去りし日々の夢を叫ぶ時帰らぬ人達 熱い胸をよぎるせめて今日から

二人でお酒を – 森光子

うらみっこなしで 別れましょうねさらりと水に すべて流して心配しないで ひとりっきりは子供

人生いろいろ – 森光子

死んでしまおうなんて悩んだりしたわバラもコスモスたちも枯れておしまいと髪をみじかくしたりつ

天城越え – 森光子

隠しきれない 移り香がいつしかあなたに 浸みついた誰かに盗られる くらいならあなたを 殺し

雪が降る – 森光子

雪は降る あなたは来ない雪は降る 重い心にむなしい夢 白い涙鳥はあそぶ 夜はふけるあなたは

ジェラシー – 森光子

ジェラシー 愛の言葉は愛の裏側 ジェラシー窓辺にたたずんでる君を見ていると永い年月に触れた

哀しい女−Risky− – 森光子

車 飛ばしてどこへ連れてくつもり?横浜のインターもとっくに過ぎた赤いテールを何台も追い抜い

お泣きなさい – 森光子

もしも どこかで 悲しみに逢った その時は涙 そんなに こらえずに泣けばいいじゃない?男だ

星が降るまでここにいましょう – 森光子

赤い夕陽が傾いて思い出すのは故郷(ふるさと)の小さな山と幼いあの頃今日まで歩いて来た道振り

夕顔のうた – 森光子

生れたことを 恨みもしない生れたことを 倖せともいわない夕顔の花よ お前と似てる路地裏に咲

もみがら枕の子守唄 – 森光子

日暮れになったらよ 心が寒くってさわたしが惚れた 夕やけとんぼどこかへ行ったきり日暮れにな

私は孔雀 – 森光子

黄昏の空は美しき今日の果てうつろいの瞬間(とき)がこの胸を惑わせる愛しさにためらえば切なさ

残り香 – 森光子

恋も4年 過ぎれば話す言葉 とぎれてあんなに 愛し合った日々さえ 幻のようあなたの 淋し気

100通の手紙 – 森光子

白い便箋に右上がりの文字何度も 何度もしたためて……口には出せない思いを晴らすのあなたが 

Back to top button