泉ちどり

ふたり静 – 泉ちどり

心の傷なら この俺が
治してやるよと 抱いた人
あなたの優しい 笑顔をのせた
重さが嬉しい ひざ枕
ふたり静の 花のよに
春を待ちます 夢抱いて

生まれた時から 出逢えると
決まっていたよな 気がします
今まで流した 涙の露が
倖せ咲かすと 信じたい
ふたり静の 花のよに
風に吹かれて 生きてゆく

日陰で咲いてる 白い花
不器用な二人に 似てますね
大きな夢より 身の丈ほどの
小さな喜び あればいい
ふたり静の 花のよに
そっと身を寄せ ついてゆく

人気の新着歌詞

海の女房 – 泉ちどり

時化(しけ)た海には 鳥さえ飛ばぬあんたの船も 帰らない私(うち)は… あんた…待っちょる

夫婦節 – 泉ちどり

観音様の 石段を一月(ひとつき)ぶりに 連れ添い上(のぼ)る死ぬまで生きる 定めなら死ぬま

おんな舟 – 泉ちどり

掴めなかった やすらぎなんてひとりでいくら 捜しても流れ流され 浮世の岸でやっと見つけた 

幸福いちもんめ – 泉ちどり

夕焼け小焼け 西の空明日(あした)もきっと いい天気洗濯ものを たたんだらごはんの支度(し

他人町 – 泉ちどり

倖せくれると 言った人信じて今日まで ついて来た妻という字を 夢に見て愛のよろこび 知った

惚れてます – 泉ちどり

夕立の 走り雨さっと上がった 夏の宵あなた 蚊遣りを ねえ焚きましょか誰にも負けずに 大事

しあわせ節 – 泉ちどり

幼馴染(おさななじみ)と お寿司屋で久しぶりねと 酌み交わすあっという間の 人生だけど花も

浜酒場 – 泉ちどり

舵を取らせりゃ 北海一と他人(ひと)の噂は 掛値(かけね)なし貴方(あんた)必ず 戻って来

おんな坂 – 泉ちどり

糸川わたって 振りむく坂をわたしは名づけた おんな坂見えてくるのよ 振りむくたびに陰でささ

温泉まんじゅう – 泉ちどり

ごぶさたしました 手みやげは娘が差し出す 温泉まんじゅう想い出ふくらむ ほのぼのと湯けむり

いのち歌舟 – 泉ちどり

歌をいのちに 置き換えて生きてきました ひとすじに川の流れに 流されて泣いたあの日も 懐か

黒潮度胸船 – 泉ちどり

度胸気立ては 父親ゆずり荒れて波立つ 黒潮育ちどんと乗り出す 室戸の沖にどうせ船乗り 風ま

夫婦あかり – 泉ちどり

歩けば人目が まぶしいとかるく握った 手をほどくうしろを振り向きゃ 恥しそうに三歩離れて 

浮雲日記 – 泉ちどり

浮世の風に 流されながら生きて来ました ただひとり女ごころのなみだ綴りの 浮雲日記掴(つか

北のおんな節 – 泉ちどり

海で育った おとこ肌強いようでも やっぱり女風が肌身に 凍てつく夜はあんたを偲んで 郷里(

おんな枯れすすき – 泉ちどり

わたしの身のうえ話には途ぎれ途ぎれの ギターが似合う捨てられて 捨てられて 冬を知りました

運命橋 – 泉ちどり

地図がないから 人生はどちら向いても 迷い道まして女の 細道はいつも手さぐり 夢さぐり浮き

おんな傘 – 泉ちどり

駅へあなたを 送りに来たが頬にみれんの 露しずくそつと斜めに 傾けるなみだ隠しの おんな傘

情炎三つの物語 – 泉ちどり

恋の深川 男のために罪を犯した お梅の運命(さだめ)惚れた男の 名を呼びながら河岸の柳に 

おんなの終着駅 – 泉ちどり

手さぐりしても つかめなかった米つぶ程の しあわせもあきらめかけた そんな頃私に夢を くれ

Back to top button