猿岩石

モーニングムーン – 猿岩石

Ah Ah 午前五時 時間は二人を朝にして
君のあどけない 鼻先にキスした
あの日のさよならは
疲れた顔して 僕の腕に戻った

見上げたら
モーニングムーン 夜にはぐれて
朝焼けのベランダで 戸惑っている
泣きながら君が たおれ込んだ
抱き合った二人は 恋にさまよう
モーニングムーン

Ah Ah 見下ろせば そっと街は動き出す
雨に打たれた君 ブラウスは乾かない
目を覚まさないのは 気づいているのか
そこに言葉はなかった

見上げたら
モーニングムーン 夜にはぐれて
朝焼けのベランダで 戸惑っている
愛だとは呼べず 恋と決めず
ただ君を 心から大事に思った
モーニングムーン

見上げたら
モーニングムーン 夜にはぐれて
朝焼けのベランダで 戸惑っている
愛だとは呼べず 恋と決めず
ただ君を 心から大事に思った
モーニングムーン

人気の新着歌詞

BAN BAN BAN(バン バン バン) – 猿岩石

BAN BAN BANOne day wearin' so many wears,So m

夏の終りのハーモニー – 猿岩石

今日のささやきと昨日の争う声が二人だけの恋のハーモニー夢もあこがれもどこか違ってるけどそれ

1986年のLOVE SONGS – 猿岩石

借りていた本に挟んでた2人の写真があるあの日の教室ピースサインがはにかんだ未来だね大事に思

ガラス越しに消えた夏 – 猿岩石

やがて夜が明ける今は冷めた色次のカーブ切ればあの日 消えた夏君は先を急ぎ僕は ふり向き過ぎ

昨日までの君を抱きしめて – 猿岩石

心はいつでも不安だらけで何かをするときも自信がないこの世界中のすみっこからきっとどこかに抜

初恋 – 猿岩石

左腕のもっと左に見えた 君の横顔に触りたいな次の角は曲がらずに行こう 遠回りも遠く無いこの

夜明けまで もうすぐ… – 猿岩石

どんな風に君に話したらいいのだろう僕は また 煙草に火をつけて 考えるきっと その言葉をや

もう いない – 猿岩石

君の夢を見たあの頃が帰って来たなつかしいソファーに僕たちは坐った何も話さずに肩だけを並べな

声が聴こえる – 猿岩石

声が聴こえる耳を澄ませば……何かに流されて僕は生きてる今日と変わらない明日(あす)がやって

淋しさに教えられて – 猿岩石

忘れられぬ想いに夜の街を彷徨(さまよ)い人ごみのどこかに偶然を探してた「あなたが見てるのは

君の青空(album version) – 猿岩石

涙 拭きなよなんとかなるよ そのうち雨もやがて止んで青い空が戻るもうすぐさ元気 出しなよ君

少年の羽根 – 猿岩石

畑(フィールド)を抜けて橋を渡り国道に出てから振り返る生まれ育った地平線と故郷にSay G

上を向いて歩こう – 猿岩石

上を向いて歩こう涙がこぼれないように思い出す 春の日一人ぼっちの夜上を向いて歩こうにじんだ

バイトの最後の日 – 猿岩石

バイトの最後の日にチャリンコ 漕ぎながらきれいな星を見てなぜか 泣けて来た「おまえは東京で

どうして僕は旅をしているのだろう – 猿岩石

道端に転がったただの石ころたちもう2度とその場所を離れたくないのか?太陽や雨風にずっとさら

My Revolution – 猿岩石

さよなら Sweet Pain頬づえついていた夜は昨日で終わるよ確かめたい君に逢えた意味を

君に会いに行こう – 猿岩石

季節が風に運ばれて街はいつしか 空を着替えてる駅へと続く人混みに僕は流され気づかなかった好

Christmas – 猿岩石

木漏れ陽に 照らされた 本当のキミの顔腕の中で 子供みたい 夢見て早起きが きいたみたい 

白い雲のように – 猿岩石

遠ざかる雲を見つめてまるで僕たちのようだねと君がつぶやく 見えない未来を夢見てポケットのコ

ツキ – 猿岩石

HEY! HEY!どうにかなるだろうきっと うまく行くさHEY! HEY!やるだけやったら

Back to top button