甲斐バンド

男と女のいる舗道 – 甲斐バンド

男と女が舗道に立って
かまれた傷を いやす
君と僕がこの街のぬくもりに触れ 肩を寄せる
そんな風に 昨日は過ぎていった
いつも優しい笑顔で いようなんて
時は許しちゃくれない

女は泣きじゃくり
男のポケットに 愛を捜す
君は振り返り僕に 昨日の優しさ求める
そんな風に 今日も過ぎてゆく
いつ迄も曲り角で すごそうなんて
時は許しちゃくれない

このさんざめく 街の底では
優しすぎて 哀しすぎて

男は女に やっぱり俺じゃないと
手を振ってみる
君は僕の背に 憎しみのこぶしたたきつける
それでもすぐに 明日はやってくる
いつも強い人間で いようなんて
時は許しちゃくれない

このさんざめく 街の底では
優しすぎて 哀しすぎて

男と女が舗道に立って
かまれた傷を いやす
君と僕がこの街の ぬくもりに触れ 肩を寄せる

人気の新着歌詞

ポップコーンをほおばって – 甲斐バンド

映画を見るなら フランス映画さ若かった頃の君と僕の想い出話しは君が手を振りきった 二十歳の

地下室のメロディー – 甲斐バンド

階段を降りると淡い光線(ひかり)が命のようにまっすぐに伸びていた地下室の酒場は人があふれ煙

ちんぴら – 甲斐バンド

お茶を飲むのも 映画観るのも恋をささやくことさえもそこはきゅくつすぎる街明日は信じられずに

東京の一夜 – 甲斐バンド

東京の一夜は この街ですごす一年のよう東京の一夜は あなたの顔からほほ笑みさえ 消してしま

この夜にさよなら – 甲斐バンド

星のふる夜 ひとりぼっちで誰かのぬくもり 拾い歩く星のふる夜 ひとりぼっちでいつかのやさし

100万$ナイト – 甲斐バンド

涙が街にこぼれ落ち 君の泣き声が荒れて光った舗道に 夜通し聞こえる俺達はかわいた静かな 夏

吟遊詩人の唄 – 甲斐バンド

今日も枯葉の街 肩を落として軽やかに流れゆく風が 道連れさ安いオンボロのギター これが俺ら

そばかすの天使 – 甲斐バンド

あたしを捨てて行っちまった あんたの背中に好きよ好きと何度も 叫びつづけたどこかのイカす映

ブライトン・ロック – 甲斐バンド

今 銃撃の街の中 マシンガンの弾の雨暗闇を吹きとばせ ワイルド・サイドAh 吹き荒れるハリ

風の中の火のように – 甲斐バンド

だれかが必要になり 名前をよびたい傷あとがうみはじめ 一人じゃあいられない胸にすがり強く 

Blood in the Street – 甲斐バンド

裂かれるな 灼かれるな 砕けてく泣きたいほどのハートで 走れ悲鳴が轟きわたる 舌を真二つに

SLEEPY CITY – 甲斐バンド

古いダンスでノック・アウトスタイルでいきゃあ50's水辺で踊るさマッシュ・ポテトTake

射程距離 – 甲斐バンド

柔らかく生めいて 羽毛(はねげ)のような肌指がすべって行き たどりつくのは汗くだけ散る西陽

MIDNIGHT – 甲斐バンド

思いきり泣ける相手が欲しい心から守ってあげられる相手二人一緒になり 暖かい家を持つだけど不

危険な道連れ – 甲斐バンド

黒い霧が流れ 冷たい雨が降る傷あとからにじみ出る 血まみれの愛を二人抱きしめ 明りもない今

ムーンライト・プリズナー – 甲斐バンド

月あかりの中 夜の階段 降りてくる彼女 女豹(ジャガー)の眼とスネークの身のこなしMoon

ボーイッシュ・ガール – 甲斐バンド

ジョージという名の酒場ドアでマッチをすった俺は恋に破れ 俺は恋に破れ死にそうだった奴は女か

マッスル – 甲斐バンド

お前が欲しがってる 本物の愛激しく胸ゆさぶる 火のような海それは気がふれたような街の中には

GOLD – 甲斐バンド

光ってるよ お前が光ってるよ 夜がお前からでる目もくらむ光すべて黄金に変わるボリュームのあ

破れたハートを売り物に – 甲斐バンド

破れたハートを売り物にして愛にうえながら 一人さまよってる破れたハートを売り物にしてうかれ

Back to top button