福田こうへい

無法松の一生 (度胸千両入り) – 福田こうへい

小倉生まれで 玄海育ち
口も荒いが 気も荒い
無法一代 涙を捨てて
度胸千両で 生きる身の
男一代 無法松

空にひびいた あの音は
たたく太鼓の 勇駒
山車の竹笹 堤灯は
赤い灯(あかし)にゆれて行く
今日は祇園の 夏祭
揃いの浴衣の 若い衆は
綱を引出し 音頭とる
玄海灘の 風うけて
ばちがはげしく 右左
小倉名代は 無法松
度胸千両の あばれうち

泣くな嘆くな 男じゃないか
どうせ実らぬ 恋じゃもの
愚痴や未練は 玄界灘に
捨てて太鼓の 乱れ打ち
夢も通えよ 女男波

人気の新着歌詞

ああ上野駅(ライブバージョン) – 福田こうへい

どこかに故郷の 香りをのせて入る列車の なつかしさ上野は俺らの 心の駅だくじけちゃならない

風やまず – 福田こうへい

岩手山から のぞめば遥(はる)か南部盛岡 おれの郷(さと)裸ひとつで この世に生まれ夢に向

南部蝉しぐれ – 福田こうへい

南部 盛岡 雫石思えば遠い ふるさとよ夢がこぼれた 都会の谷間呼んでみたって 山彦ばかり弱

おゆき – 福田こうへい

持って生まれた 運命(さだめ)まで変えることなど 出来ないと肩に置いた手 ふりきるように俺

ああ上野駅 – 福田こうへい

どこかに故郷の 香をのせて入る列車の なつかしさ上野は俺らの 心の駅だくじけちゃならない 

望郷じょんから – 福田こうへい

津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よみんなは達者か 変わりはないかふる里恋しや 花いちもんめ アア…

あの娘が泣いてる波止場 – 福田こうへい

思い出したんだとさ逢いたく なったんだとさいくらすれても 女はおんな男心にゃ 分るもんかと

望郷酒場 – 福田こうへい

おやじみたいなヨー 酒呑みなどにならぬつもりが なっていた酔えば恋しい 牛追い唄が口に出る

船方さんよ – 福田こうへい

おーい船方さん 船方さんよ土手で呼ぶ声 きこえぬか姉サかぶりが 見えないかエンヤサーと ま

津軽平野 – 福田こうへい

津軽平野に 雪降る頃はよ親父(おどう)ひとりで 出稼ぎ仕度春にゃかならず 親父(おどう)は

おやじの海 – 福田こうへい

(ヨイショヨイショ ヨイショヨイショ)海はヨー 海はヨーでっかい海はヨー俺を育てた おやじ

帰ってこいよ – 福田こうへい

きっと帰って くるんだとお岩木山で 手を振ればあの娘(こ)は小さく うなずいた茜(あかね)

津軽慕情 – 福田こうへい

北へ流れる あの雲が津軽野(の)づらで 雪になる俺の分まで 働き終えて親父(おやじ)いまご

秋田おはら節 – 福田こうへい

ハァーサーサダシタガ アヨーエハァー野越え山越え 深山越えあの山越えれば紅葉山紅葉の下には

宮城長持唄 – 福田こうへい

ハァー今日はナー 日もよしハァー天気も良いし 結びナー合わせてよハァー 縁となるナーエー蝶

最上川舟唄 – 福田こうへい

(ヨーエ サノ マガーショエンーヤ コラ マーガセエーエンヤーエーエンヤーエーエエーエンヤ

田名部おしまこ – 福田こうへい

田名部おしまこの 音頭とる声は(ドッコイショ ドッコイショ)大安寺柳のノー 蝉の声(ドッコ

鰺ヶ沢甚句 – 福田こうへい

西の八幡 港を守る(ア ヤットセ)主の留守居は ノォー嬶守るソリャ嬶守る 留守居は ノォー

南部よしゃれ節 – 福田こうへい

(チョイサノサーサト チョイサノサーサ)ハアー よしゃれ茶屋の嬶(かがあ)サア花染のたすき

秋田草刈唄 – 福田こうへい

朝の出がけに どの山見ても(ホー)霧のかからぬ アリャ山はない(ホー ホー)俺とお前は 草

Back to top button