菅原紗由理

ありがとう feat. FEROS – 菅原紗由理

ありがとう いつまでも忘れないよ
過ごした時は戻らないけれど
それでもいい 心に焼き付いているからね
君に出逢えて本当に良かったと 思える日まで

携帯で撮った写真を一人見返してたら
切なすぎるくらいに笑う 二人がいたんだ
涙ポロっと一粒 零れてきそうになる
消せないのは胸の中に まだ君がいるからかな

仲のいい友達から
「新しい彼女ができたらしい」って聞いた時は嫌だったよ
けれど 君にはね 幸せでいて欲しいから

ありがとう いつまでも忘れないよ
過ごした時は戻らないけれど
それでもいい 心に焼き付いているからね
君に出逢えて本当に良かったと 思える日まで

how you doin’? どれほど時間が経ったのだろう…
ふたり寄り添ってよく行ったあの場所
幾度季節またいでも変わらない風景
変わったのはお互いの運命
幸せ願う気持ちはnever change
俺に大事なことを教えてくれたね
忘れはしない思い出の断片…あの日最後に見せた涙で濡れた目
今は何を見てるの!? 何を感じ何をしてるの?!
ずっと君の幸せを願う けどふたり別々のstory描く

仲のいい友達には
「新しい彼氏ができた事にして欲しい」って強がったんだ
だって 君のコト まだ好きと思われたくない

ありがとう いつまでも忘れないよ
お揃いの指輪は色褪せていくけど
それでもいい 心は色褪せる事はない
君に出逢えて本当に良かったと 思える日まで

『せめてもう一度 声が聞きたい』
何回も そう強く願ったよ
届くことはないと
伝わらないと
わかってるから

ありがとう いつまでも忘れないよ
大好きな人に変わりはないけど
少しずつでいいから 前を向いて行きたい
君に出逢えて本当に良かったと 思える日まで

人気の新着歌詞

Stay with you – 菅原紗由理

数え切れないほどの時間を二人一緒にすごしてきたけれど変わらないその笑顔見るたび素直な私に戻

GLOW – 菅原紗由理

ずっと前から描いてた夢 いつも君に話してたよね今はまだこの手には つかめそうでつかめないけ

I Wanna Cry… – 菅原紗由理

何気ない言葉に傷ついて また一人きりで朝まで泣いていたのに「どうしたの?」とあなた笑顔で 

WINTER STORY – 菅原紗由理

コートの中つなぐ手と手 ゆっくり歩いたいつもの道時計の針みないふりして 今日はもう少しそば

Close To You – 菅原紗由理

今までの私は強がる事しかできずに余計なプライド 邪魔をする度 心閉ざして独りいたけどあなた

So Long My Love – 菅原紗由理

ずっと一緒に過ごせると思ってたのに君が今はとても遠く感じて引き止めるような 曖昧なやさしさ

サヨナラまた…。 – 菅原紗由理

「サヨナラまた...。」誰より愛しいひと 忘れるなんてまだ出来ないけど止まったままの時計に

ROCKSTAR – 菅原紗由理

クールな瞳 誰もが振り向く魅惑なSMILE寄り添い歩くあの娘(こ)は嬉しそう 私を見て鼻で

明日になる前に – 菅原紗由理

ざわめく街を照らす イルミネーション眺めて二人肩並べ歩いてく 初めてのHoly Night

二人の影 – 菅原紗由理

窓から流れてくる風がキミの香り運ぶ二人のこの時間(とき)が止まって欲しいと願った「今誰か好

tears – 菅原紗由理

こんなにあなたを好きなのにもう会えないような気がして風の音が 人ごみの中に私を一人にするま

Thinking Of You – 菅原紗由理

どんなに遠くても 言葉さえ伝えられなくても心の真ん中で キミと繋がっているから電車から見え

My Sweet Home – 菅原紗由理

開け放した窓 舞い込む風に 乱れる髪を押さえてトンネル抜けたら もうすぐ見える 懐かしい街

Fly – 菅原紗由理

遠くで誰か話してるノートは白紙のまま空見上げた 流れる雲 誰か見てるかな背中にあたった紙く

風 – 菅原紗由理

あの頃はあまりにも 子供じみてて何気ない言葉で お互いを傷つけた私は君を突き放し 君は最低

My HERO – 菅原紗由理

My HERO...きっと君なら出来ない事なんてないRemember?はじめて君が勇気を口

サクラ – 菅原紗由理

もし もし その胸に この声届くなら嗚呼 今 わたしは キミのために何ができるのかな?やさ

はばたくキミへ – 菅原紗由理

自分が誰かと違う事誰かが自分と違う事どんなに上手くいかない日もどれだけ不器用であってもその

奏(かなで) – 菅原紗由理

改札の前つなぐ手と手いつものざわめき、新しい風明るく見送るはずだったのにうまく笑えずに君を

Love Again – 菅原紗由理

春の予感 あの頃の二人 懐かしく思い出してるお互いいつしか 会う度少しずつ 惹かれ合ったね

Back to top button