諫山実生

Winter Story – 諫山実生

だらしがなくて やりっぱなしは いつも当たり前
一日一度 必ず私を苛つかせるの
約束しても すぐに忘れて 言い訳ばかりで
そんなに無理に 強がらなくても わかっているのに

でもね その瞳で見つめられると
何故か憎めない 許してしまうの

言葉とぎれた時に 私だけに見せる横顔
少年みたいに はしゃぐ姿
ずっと変わらないで Winter Story

素直じゃないし とても不器用で 喧嘩もするけど
誰より綺麗な 心をもってる 私の自慢よ

そんな貴方を守ってあげたい
シーツのように包んであげたい

二人の夢の場所へ 昨日よりも近づけるように
貴方と私だけの秘密のルート
ゆっくり 育てよう PRECIOUS Story

真っ白な風の中 寄り添って見上げた空に
いつかこの手が 届きますように…
高く高く想いを込めて

言葉とぎれた時に 私だけに見せる横顔
少年みたいに はしゃぐ姿
ずっと変わらないで Winter Story
ずっと隣で笑っていてね

人気の新着歌詞

Close Your Eyes −プラームスの子守唄− – 諫山実生

Close your eyes 星が語るよ きみに眠れ 眠れ そばにいるから夢のなかで 見

TOKYOタワー – 諫山実生

今日もまた寄り道して歩いている靴のつま先がすり切れてたなにひとつ 忘れられない人がいるの角

朝陽の中で微笑んで – 諫山実生

朝陽の中で微笑んで金のヴェールのむこうから夜明けの霧が溶けはじめざわめく街が 夢をさます朝

誓い – 諫山実生

君はどうしてだまって 僕の前からはなれてゆくのこれからだっていつまでだって 一緒にいるって

ふたり – 諫山実生

涙のわけを聞かせて 独りで泣かないでどんな些細な事でもいいから 僕に話してよ君が毎日 花に

ママ! – 諫山実生

ママはおこりんぼうだからそうじきで すいとっちゃうよ !!ほんとうに……

いくじ – 諫山実生

おやすみのひぱぱはいつもあそんでくれるままはいくじがたいへんっていってたよぱぱはこのはとあ

サハラの誘惑 – 諫山実生

乾いた唇 届かない言葉今夜も 二人は背中合わせのまま貴方は どうして心を閉ざすのさまよい続

PASSAGE~明日への夢~ – 諫山実生

淋しさに負けそうなときはいつでも そばにいてあげるどこにいたってほら すぐに飛んでゆく君は

君に伝えたいこと – 諫山実生

ねぇ 聞いて 伝えたい事があるの投げやりな事ばかり言う君へすぐに諦めたりしないで何故生きて

月のワルツ – 諫山実生

こんなに月が 蒼い夜は不思議なことが 起きるよどこか深い 森の中でさまよう わたしタキシー

真夜中のシンデレラ – 諫山実生

真夜中の路地 木魂するクラクション約束の刻 彼からのラブコール抜け出した部屋の窓に 「ごめ

永遠の片想い – 諫山実生

ひとり傷付いて 眠れずにいる夜いつの間にか 君に電話していたネいつも聞き慣れた 柔らかなそ

Over – 諫山実生

五月晴れの静かな朝君はひとりで旅立つさよならさえ残さずに帰れないあの場所へ 消えていったア

嘘つき – 諫山実生

この雨に打たれて 洗い流せるなら昨日の嘘も うわべだけの言葉も溶かして「自分らしさ」なんて

スピカ – 諫山実生

これは宿命 それとも悪戯?貴方は遠く輝く スピカ誰もいない 静かな海季節外れの花火火傷した

Destiny – 諫山実生

そうよ 貴方と私は ひとつだったはずまるで光と影のよう 出逢う前からもう一度生まれても 愛

手紙 – 諫山実生

遠く遠く 離れていても君が泣いた時は 会いに行くよいつも同じ電車で 人波の中へ都会(ここ)

My Best Friend~Album Virsion~ – 諫山実生

君と一緒に過ごしたときを 今振り返る長い様でとても短かった この去りゆく日々放課後の教室を

君がいなくなった理由 – 諫山実生

いつまでも どこまでも 続くはずと信じてた 二人の日々 色褪せてゆく最近じゃ 毎日が 忙し

Back to top button