谷山浩子

わたしを殺さないで – 谷山浩子

愛してくれないまま わたしを殺さないで
彼女を思いながら わたしを殺さないで

青白い月影 さしこむ夜の部屋で
わたしの呼吸は ほとんど消えかけてる
あなたが触れれば それだけできっと
とまってしまうほど危うい 微かな鼓動

わたしはわたしじゃない 恋したあの時から
わたしはわたしじゃない 見知らぬ弱い獣
これは誰?

わたしをわたしに つなぎとめてた糸が
こんなにたやすく ほどけてしまうなんて
自分を投げ出す自分を見ている
どうにもできずに あなたの目の中 踊る

あなたを憎んでいる
世界中の誰よりも
あなたを憎んでいる
いとおしいその横顔

やさしい言葉とほほえみの牢獄に
わたしを閉じこめ あなたはふり返らない
どんなに呼んでも どんなに思っても
世界が消えても わたしが死んでも きっと

愛してくれないまま わたしを殺さないで
彼女を思いながら わたしを殺さないで

愛して

人気の新着歌詞

テルーの唄 – 谷山浩子

夕闇迫る雲の上 いつも一羽で飛んでいる鷹はきっと悲しかろう音も途絶えた風の中 空を掴んだそ

アトカタモナイノ国 – 谷山浩子

きみのことを誰も覚えてない名前さえも きいたこともないと言うそんな人は 知り合いにはいない

神様 – 谷山浩子

日暮れの雨に濡れているわたしをわたしがみつめてるどこから来たの どこへ行くのその先どこへ帰

よその子 – 谷山浩子

温かな明かりがともる 小さな家の窓の外にきみはたたずみのぞきこんでる ささやかな家族の夕餉

かおのえき – 谷山浩子

かおのかたちの かおのえきどこが口やら 眉毛やら誰もわからぬ かおのえきどこが改札やら 線

素晴らしき紅マグロの世界 – 谷山浩子

幸せの予感 それは紅マグロお口の誘惑 それは紅マグロピチピチのプリプリで ほどよく締まって

さよならのかわりに – 谷山浩子

僕の手に触れてみて きみの手とひとつになる静かにかよいあうもの これが生きている温かさどん

電波塔の少年 – 谷山浩子

淋しさのかたちをした月が傾いて危うく夜空に貼りついている眠らない街の景色 僕は見下ろしてる

意味なしアリス – 谷山浩子

キノコの上の芋虫は 淋しさを教える教授だったそれじゃ始めるよと言い残して 芋虫はどこかへ行

今日は雨降り – 谷山浩子

今日は雨降り 静かな朝にあなたの夢をみたの 短い夢を今日は雨降り 目がさめた時そばには誰も

テングサの歌 – 谷山浩子

紀勢本線 各駅停車 南部の次の岩代駅のひと気のないホームの古いベンチの上にあたしはいるのあ

風を追いかけて – 谷山浩子

やさしい人の 面影を忘れられない その時はひとりで丘に のぼりなさい風に心を あずけなさい

あやつり人形 – 谷山浩子

あたし 悲しいあやつり人形あなたは あたしの人形使いいくら 逃げても すぐに ひきもどされ

六月の花嫁 – 谷山浩子

六月は二人で青い傘さして雨の中歩きます六月の並木道 誰もいなくてもやさしい雨が 見ていてく

あたしの恋人 – 谷山浩子

あたしの恋人は 飛行士で初めての 空を 飛んだ時に真赤な炎 吹き上げながら落ちて来たけど 

仇 – 谷山浩子

わたしの父の仇 恋人物腰おだやかで美しい見上げるほどに身分の高い光る車に乗って今夜も来る 

窓 – 谷山浩子

教室の窓から見る秋はいつも不思議に光ってた北向きの窓のすりガラスギリシャの海も見えた思い出

洗濯かご – 谷山浩子

あなたは誰をみつけたの?深い秘密の森の奥あなたは誰をみつけたの?ため息が聞こえてくる夜ごと

向こう側の王国 – 谷山浩子

何かが変わりはじめてる 目に見えないかすかな違いこちらではほんの少しだけど 今ごろ向こうは

MOON SONG – 谷山浩子

心はまわるお月さまだから 見えなくなっても心配しないでいい時がめぐれば また輝きがかえるよ

Back to top button