谷村新司

走っておいで恋人よ – 谷村新司

涙流し疲れたとき
僕の腕のなかで
静かに夢をみるんだよ
すべてを忘れて
顔は見ないさ はずかしいだろう
永遠にあなたは そのままで
そっとほほ寄せ 言ってみる
すてきな恋人

夢に破れ疲れたとき
僕の胸のなかで
心の傷をいやすのさ
すべてを忘れて
顔は見ないさ はずかしいだろう
永遠にあなたは そのままで
そっとほほ寄せ 言ってみる
すてきな恋人

生きてることに疲れたとき
どこへも行かずに
走っておいでよ真直ぐに
すべてを忘れて
顔は見ないさ はずかしいだろう
永遠にあなたは そのままで
そっとほほ寄せ 言ってみる
すてきな恋人

人気の新着歌詞

春雷のあとで… – 谷村新司

時は五月 花咲く街角浮かれて流れる 車の河夏を告げる 気まぐれ五月雨急ぎ足人は 雨を避けな

心の駅 – 谷村新司

旅立つ朝 駅のすみで涙こらえて 見送る人尽きぬ想い にじむ景色今も忘れない人は皆泣きながら

綾 – 谷村新司

父の背中を 縦糸に 母のみ胸を 横糸に心と体 抱きしめながら 人は風の道を歩く宿る命を 経

儚きは – 谷村新司

時代の風を ほほに感じて見上げる空を 雲は流れるかなうなら愛する人と肩を並べたまま心伝う涙

スキタイの歌 – 谷村新司

空に交わる草原に 眠る三日月 白い馬うたう少女はトビ色の 遠い瞳で星を見るサクを越えゆく 

チングヨ – 谷村新司

今 気付いたけれど あの頃の私は燃えて生きていたけど ただそれだけ今 気付いたけれど あの

コスモポリタン – 谷村新司

腕時計を外し 身体の声を聴く朝日の昇る音 月の沈む音ココロの上着を一枚づつ脱いでココロの翼

今 伝えたい – 谷村新司

君に会いたくて 僕はここにいる君に会う為に 旅を続けてきた二度とは戻らない 今を伝えたくて

アゲインスト – 谷村新司

風を愛したか風を抱きしめたか君に吹きつけた風さえも愛したか夢を追うたびに夢は見えなくなり涙

君のそばにいる – 谷村新司

あー君のそばにいるよ あー君のそばにいるよあー君のそばにいるよ 僕がいるめざめてから 眠り

モーニング・コール – 谷村新司

会社までの道すがら おきまりの街の角貴方へのモーニング・コールダイヤルにはずむ 白いこの指

夏の二週間 – 谷村新司

声が聞きたくてかけた電話に波音が響いたらきっと 驚くでしょはき慣れたハイヒ−ル脱いである日

はじまりの物語 – 谷村新司

愛される日々を 待ちながら 暮していた気付かないうちに 自分を閉じ込めてた私の心の 素直な

伴奏 – 谷村新司

はるか遠くまで 旅をしてきたね星を数えて 夢見た夜明け露にぬれた肌 あたためあいながら歩き

風姿花伝 – 谷村新司

風は叫ぶ人の世の哀しみを星に抱かれた静寂の中で胸を開けば燃ゆる 血潮の赫は共に混ざりて大い

今のままでいい – 谷村新司

あなたが時計に目をやる時いつも寂しくて 震えているわ最後の煙草に火を点けたら何もないように

ダンディズム – 谷村新司

帰れダンディズムの都へ夜は男の心の中踊れ裸足のままで汗に濡れたシャツのままで息子よいつの日

サクラサク – 谷村新司

坂の上には 白い雲だけ見上げるこの目に ただ汗が痛い抱きしめている 夢を手放したら私は私で

青年の樹 – 谷村新司

一人心に別れを秘め何も知らずに眠る貴方の部屋の灯りに眼をやれば憧憬に旅立つ足がすくむ私の二

やくそくの樹の下で – 谷村新司

明日また 逢おうねやくそくの 樹の下で明日また 逢えたら夢の続き きかせて拡げてる この手

Back to top button