郷ひろみ

おなじ道・おなじ場所 – 郷ひろみ

ため息が銀色で
空気より冷たそう
はしゃぐ街 まぶしい夜
君がいない 夜空の中で一人

待たせるだけ 待たせながら
また一人にしてしまった
恋人たちのためのようなこんな夜を

星も月も君も僕も 遠い夜明けの前
あした逢う約束さえもできないで
夜が行く

君がえらんだシアワセを 僕は守れてない
二人が一人ずつなのは
甘えてる男のわがままのせい

恋愛でいる時と 恋愛に慣れた時
愛情もかわってた
背負うものすべてに気づいた頃

僕は僕の道をいそぐ
君のための道をいそぐ
その途中で君はきっと悲しんでる

君がシアワセを待つのは やさしい気持ちのせい
あしたより遠い未来に迷ってる
僕のせい

僕が今シアワセなのは 君の勇気のせい
おなじ道だとわかってるはずなのに
一人で歩こうとする

いつか君と僕とそして
二人だけじゃなくて おなじ場所で朝を待とう
かさなった夢の場所

星も月も君も僕も 遠い夜明けの前
あした逢いに行くよ こんなつまらない
夜を越えて逢いに行く

夜明けまで 僕は眠らないでいる

人気の新着歌詞

Somebody stop me – 郷ひろみ

気がつけば いつのまにかただ走り続けてきた喉潤すこともなく振り返ることもせずに…太陽を背中

ゆっくり恋しよう – 郷ひろみ

にぎわう交差点 向こう側のキミそんなにあわてなくたっていいよ 転ぶなよ出会った頃のときめき

いつもそばに君がいた – 郷ひろみ

僕は何をしてきたのだろうどこか果てしない気持ちふいにひとり立ち尽くす街胸が締め付けられる過

こんなに好きなのに – 郷ひろみ

ばかだね 君を失くすことが悔いだけでまたぼくは 夜を怖れてるおやすみと まだ言われたくない

罪の景色 – 郷ひろみ

ほどいた髪 からめた指許されない夜にいるかくれた部屋 暮れゆく街こうなるしかない瞳細い雨を

甘い束縛 – 郷ひろみ

Kissよりむずかしい究極のプロポーズ・タイミング首尾よくさらいたいきっと ずっと 待たせ

爪を噛みたがるJEALOUSY – 郷ひろみ

何度も観たVIDEOかけてガランとした部屋でひとり好きな服選んで出かけた君の瞳誰と逢うかな

もう…だめさ – 郷ひろみ

「スリルのない恋に興味なんてわかない」COOLに濡れた瞳で気持ちそらして誘いかける揺れる僕

わかっちゃないよな – 郷ひろみ

KISS TO KISS はじけるようにHEART TO HEART ふられて乱れてDAN

恋するように愛したい – 郷ひろみ

どんな悲しみにも 負けないそれが100年でも 涸(か)れない心の中に ほら あなたはここに

心のカギ – 郷ひろみ

きみがひどくハシャイでる日はきのう ひとり泣いてた印そんなことも見抜けるくらいいつもきみの

1998年 君を愛していた – 郷ひろみ

悲しいけど君が悪いわけじゃないよサヨナラは どちらかが切り出すものなのさそんな風に自分だけ

華を贈る – 郷ひろみ

誰よりも誰よりも誰よりも眩しい差し出した花束より輝いた君の顔を また見たくてしなやかにてき

きみにMISS YOU – 郷ひろみ

きみと別れた いまでさえ以前(まえ)よりもずっと 幸せにできると思ってるきみの肌の ぬくも

demerit – 郷ひろみ

かっこつけてるKISSでさえどっかズレてた月とWINEといい服でうまくいってたはずだろうな

シャトレ・アモーナ・ホテル – 郷ひろみ

ふれた 手のひらに続く首すじうつむく君さえささえきれず別れられるなら別れましょうとからんだ

マイアミ気分 – 郷ひろみ

白い波を蹴って君を迎えに来たのさ“私のことはきっと忘れるわ”なんて言ってたけれど髪をのばし

KISSが哀しい – 郷ひろみ

なにも言わない唇 静かに色が褪めてくどんな男のつもりで その瞳は僕を見てる一度や二度の孤独

愛してはいけないひと – 郷ひろみ

少し癖のある笑い声にいつでも心が救われたよ出会うはずのないふたりだから 会うたびに子供じみ

愛してる – 郷ひろみ

言わなくても伝わるって 甘えて過ごしてしまったまるで呼吸するように君は僕の中に居たからいつ

Back to top button