麻生詩織

帰りたくない夜 – 麻生詩織

ねぇ良かったら 話聞いてくれる
ゆうべ恋を失くしたの 本当よ
外は雨降り そうよ女だって
帰りたくない夜もあるのです

もういっぱい あとひとつだけ
水割り水割り つき合ってほしい
氷の角が 丸くなっても
せめてこの雨やむまで…

雨に降られた 髪は乾くけれど
捨てられたこの心はびしょぬれ
ベソをかいても 気づかれないように
にぎやかなこの店を選んだの

なぐさめないで 笑ってほしい
ないものねだりと 叱ってほしいの
忘れる為に 酔えば酔うほど
なおさら痛み つのるの

もういっぱい あとひとつだけ
水割り水割り つき合ってほしい
氷の角が 丸くなっても
せめてこの雨やむまで…

せめてこの雨 やむまで…

人気の新着歌詞

おもいでジェラシー – 麻生詩織

宵待草の花が 堀割りに ふたつみつ人目に隠れて 風に揺れてる暮れ六つの鐘に ぐずってる恋心

みちのく本線 – 麻生詩織

隠し切れない 心の辛さぬぐえるものは ありますかもしも答えが 出せるならあなたに聞いて み

紅葉前線 – 麻生詩織

ひと足先に 信濃路を秋の絵筆が 伸びていく街道筋の 旅の宿ひとり泊まるも もの悲し女盛りの

恋唄綴り – 麻生詩織

涙まじりの 恋唄は胸の痛さか 思い出かそれとも幼い あの頃の母に抱かれた 子守歌ああ……夢

夜明けのトンボ – 麻生詩織

向こうみずね ないものねだりねまるで無邪気な 一幕芝居ね季節の継ぎ目を 越せないままでさよ

夢の降る街 – 麻生詩織

青い森を抜け 辿り着いた街は星も雪も無く 夢だけが降ってた独り 淋しさに凍え 聞いた 優し

シナリオ – 麻生詩織

何も云わないで おやすみなさい疲れた体を 投げだしてあなたの安らぎに なれるのならそれで私

背中めがけて投げキッス – 麻生詩織

別ればなしは うまく言ってよ都会暮らしの 男じゃないのつくり笑顔で うしろ姿を見送りながら

忍冬 – 麻生詩織

ひとつの歳を 重ねる度に綺麗になるって 本当ですかためらいがちに うなづくけれど心の迷い 

泣いて泣いて – 麻生詩織

哀しくって哀しくって 涙が途切れない今は泣いて泣いて早く忘れたいの倖せって 不倖せと いつ

ろくでなし – 麻生詩織

あんたがおもう そんな女性がどこかにいたら お目にかからせて男の中に 住んでる虫が綺麗な花

Back to top button