FANATIC◇CRISIS

SLEEPER – FANATIC◇CRISIS

不眠症の紅い月 想いこがれても 君は居ない
いつもそうさ必要なトキそれが無いもどかしい気持ちを

僕はまるで思春期の少年 汚れた手で純粋何より
こんな想い声に出来ず 月に吠える

僕は眠りの中 君を抱いて 君に迷い きみをさがす
声にすれば壊れてしまいそう…
君に逢いたいから 逢えないから 眠るように目を閉じてる
長過ぎる夜 心は乱れる

君にすれば笑い話 笑ってよ 止まないこの痛みを

飛べない羽 空にかざして 涙つたう少年のほほに
人はいつか忘れられぬ風の中で

僕は眠りの中 君を抱いて 君に迷い 君をさがす
声にすれば壊れてしまいそう
君に逢いたいから 逢えないから 眠るように目を閉じてる
長過ぎる夜 心は乱れる

ああ その指で 幾千のあやまちをぬぐって…
ああ キレイだね 記憶さえ ストロボの中でほら…

飛べない羽 空にかざして 涙つたう少年のほほに
人はいつか忘れられぬ風の中で

僕は眠りの中 君を抱いて 君に迷い 君をさがす
声にすれば壊れてしまいそう
君に逢いたいから 逢えないから 眠るように目を閉じてる
長過ぎる夜 心は乱れる
ああ その指で 幾千のあやまちをぬぐって…
ああ キレイだね 記憶さえ ストロボの中でほら…

人気の新着歌詞

ONE -You are the one- – FANATIC◇CRISIS

Oh…うつろな瞳の少年達 自分がどこに居るのかわからず雨が降っても傘はいらない 哀しみさえ

Rainy merry-go-round – FANATIC◇CRISIS

雨にゆれる街 二人燃え尽きた恋遠い夏の雨 君はあのトキ 泣いてたの?君は明日も見えずに…二

火の鳥 – FANATIC◇CRISIS

金色に染めあげて ココロが闇に溶ける前に想い出は砂嵐 僕は手を伸ばして踊る紅い君の細い腕が

Maybe true – FANATIC◇CRISIS

Maybe true 失う怖さに怯えていたよそう君と出逢うまではねMaybe true 会

beauties -beauty eyes- – FANATIC◇CRISIS

流した その数だけ キレイになれる 痛みを知り また瞳は輝き出す誰もが傷を 誰もが夢を 数

JET hyp! – FANATIC◇CRISIS

愛を感じたくて つめたい部屋でTVをつける 「変わらない」「感じない」日常の独り言 此処に

龍宮 – FANATIC◇CRISIS

華の都 “龍宮”へ エキゾチックに咲き乱れ時間(とき)忘れて さまよえば 砂時計を裏がえし

BLUE ROSE – FANATIC◇CRISIS

「強い女」なんて周りは言うケレド…本当は きっと 誰よりも寂しがり屋。雑誌の占いを何パター

夢じゃない世界。 – FANATIC◇CRISIS

この道がきっと、アナタのモトへ続いていますようにと何度も折れた 僕の翼が 癒える頃にはキッ

鴉(KARASU) – FANATIC◇CRISIS

真夜中に花は咲くでしょう。傷付いたココロ、僕たちのリアルいらないモノは捨ててしまいなよ大事

everlove – FANATIC◇CRISIS

こんなにもひとりが淋しい夜には君の偉大さを知ったりもして帰り道の国道をすこしそれて今日は 

ダウンコード – FANATIC◇CRISIS

めぐる季節の中 二人は迷い子もしも出逢わなければアナタを知らなきゃ せつなさも知らないまま

月の魔法 – FANATIC◇CRISIS

あと少し もう少し 君に近づきたくてまたひとり 叶わない 月の魔法かけ夜の風が運ぶ調べかげ

KNIGHT! – FANATIC◇CRISIS

ありきたりの言葉じゃ 君は納得しないそこら辺にありそうなモノなどはいらない見た目とはだいぶ

檸檬 – FANATIC◇CRISIS

哀しくて 壊れそうさ窓の外は落ちかけの檸檬(れもん)誰だって自分の事 信じてたい信じたいん

スプートニク−旅人たち− – FANATIC◇CRISIS

想い出す度 胸をしめつけられるようなみんなでいた夜の街 終わらない時間を過ごしたー傷付き易

moonlight – FANATIC◇CRISIS

春を待たずに 生まれた街 背にしてまだ 慣れないタバコ君は遠く 離れた街 行ってしまった 

LOVE MONSTER – FANATIC◇CRISIS

さあ 鍵を外し見つめたなら 胸を撃ち抜いてああ もっと強くつきあげてよ ヤバい衝動を!君の

ドラキラ – FANATIC◇CRISIS

見つめて ちゃんと 目をそらさないで 愛して暗い闇が怖いじゃナイワタシはいつも 形が在るモ

アウトロー – FANATIC◇CRISIS

なくしたものは籠から逃げた鳥曖昧に自分から逃げるのは もうやめた女々しい涙、明日に馳せるハ

Back to top button