GRAPEVINE

Faithful – GRAPEVINE

かの魂によって
あの罠にかかりました
どこまでもどこまでも深く

小綺麗で華々しいあなた
失礼で忌々しいあなたへ

与太話終えて
森までの道に沿って
これまでとこれからを奪って

謎めいて届かないあなた
途切れて叶わない彼方へ

連れ去ってくれればいいの
かなしいことは何もない
ただ戸口に立ってる

小綺麗で華々しいあなた
謎めいて届かないあなたへ
失礼で忌々しいあなた
途切れて

人気の新着歌詞

ママ – GRAPEVINE

ママ俺は今 神様と肩並べた本当なんだまだ子供の頃の事を思い出せる遠いよ 空の上走馬灯まわら

ピカロ – GRAPEVINE

旅立つこの有様で片手にはヘミングウェイ太陽と月に吠える喉を 折れた牙をアスファルトの荒野を

411 – GRAPEVINE

足を床に打ちつけても俺は眠らずにいられたアムリタをくれ エクストラ・トールで最先端の先でい

夏の逆襲(morning light) – GRAPEVINE

あの夏を越えるくらい真実を可能にするのは

真昼の子供たち – GRAPEVINE

でかい当たりを掴んでしまった世界を変えてしまうかもしれない毎日があっという間に終わった油断

Dry November – GRAPEVINE

冬がくるなんて忘れていたなんの準備もできちゃいないが信号の赤が時間を稼いでいるどこにでもあ

Sanctuary – GRAPEVINE

目に力授かるなら腕に怒り授かるなら膝に震え授かるなら授かるなら手に藁掴んだら喉に痣押し付け

おそれ – GRAPEVINE

このおもいをはなすのは必要なことひとりじゃないのはきっと大変なことなにもかもがふと わから

Neo Burlesque – GRAPEVINE

へし折られた鼻だってほらごらんのとおり立ち直りの方法があるものさ口に出していいならば逆に何

ミランダ(Miranda warning) – GRAPEVINE

ミランダ おまえはスター慣れないのは身の丈に釣り合わぬ名前だった聞いた覚えはないなんて言え

Silverado – GRAPEVINE

ここは異郷か これは現実かただの余興か真昼の光の中へと出てゆこう俺は塵芥黄金を抱いて遠くへ

光について – GRAPEVINE

少しはこの場所に慣れた余計なものまで手に入れたイメージの違いに気付かなかった人の流れ眺めな

YOROI – GRAPEVINE

さらっとそう云ったろ目一杯いやなふうにこの景色の中ただひとつ不可解な要素だとかなんとか俺は

RAKUEN – GRAPEVINE

子供達の願いはどこか遠くの歌になった人々は天に怯え壁を積み上げて叶ったのは 叶ったのはどの

ANATA – GRAPEVINE

花は散ってゆく季節は去ってゆく立ち止まっていた私一人が街は私を包んではくれない行き交う人は

MISOGI – GRAPEVINE

高々掲げた たかが戯れ言が糞みたいなロックンロール叫びたい衝動のサウンド踊りたい檀那のお耳

SATORI – GRAPEVINE

やがてぼくらは越えてゆくだろう冬の吐息も夏の陽炎も悲しい記憶の蓋が開いたらこの手必要かい 

ONI – GRAPEVINE

さあ目を醒まして さあ聞かせてくれ影を纏ったあわれな取り替え子風を宿して 雨に躍って闇を喰

BLUE BACK – GRAPEVINE

アメリカの真似 絵になってる鼻歌は風に舞上がって I don't knowこうやってみたら

BREAKTHROUGH – GRAPEVINE

ハダカのおれはたかがこんなもんだって誰にも言えやしねえなひたすら そう駆けずり回ってあなた

Back to top button