MANISH

素顔のままKISSしよう – MANISH

待ち焦がれてた週末に熱くなる
約束の日までまるで戦場のような Cleaning

いつもより念入りのトリートメント 肩がこる
履き慣れないヒールでも『綺麗だよ…。』と言われたい

ナゼ こんなに
ときめいているのに 疲れた顔
気付かずに無理していたみたい

ありのまま 素顔のままKISSしよう
裸を磨かなきゃ 心で見つめなきゃ
TシャツとBLUE JEANSで恋しよう
優しくなれる場所 我まま言える場所
I WANT……ずっと 君と
MY WISH……もっと 近く

華やかな都会(まち)のNOISEを聞き飽きて
ささやかな部屋でバラード ジャスミンティーがいい

そう 今まで
背伸びしていた私のリズム
たぶん君には大きなプレッシャー

ありのまま 素顔のままKISSしよう
飾り立てた日々は二人を追いかける
Gジャンと スニーカーで夢みよう
子供になれる場所 未来を目指す場所
I WANT……ずっと 君と
MY WISH……もっと 近く

ありのまま 素顔のままKISSしよう
裸を磨かなきゃ 心で見つめなきゃ
TシャツとBLUE JEANSで恋しよう
優しくなれる場所 我まま言える場所
I WANT……ずっと 君と
MY WISH……もっと 近く

人気の新着歌詞

眠らない街に流されて – MANISH

黄昏れる海沿いのカフェテラス優しいバラードは 素直にさせるよ夢を語る強気なその瞳時に見せる

眩しいくらいに… – MANISH

ささいな出会いが バラ色に世界を変える恋することがこんなに 素敵に思い始めて貴方だけは失く

煌めく瞬間に捕われて – MANISH

散々な夢に目を覚ます日射しの強い朝お気に入りの曲聞きながら洗いたてのシャツ腕をとおす昨夜の

君が欲しい 全部欲しい – MANISH

潮風に向かって君に乗り込んだ隠してた気持ちが溢れそうで流れる街を見てるただの仲間だったそれ

涙見せたくない – MANISH

許したい 許せない気持ちが Oh Every Night襲ってくる涙見せたくないすれ違いだ

だけど 止められない – MANISH

切なくて 眠れぬ夜声聴きたくて 電話かける留守電が 冷たく答える会いたくなる時に限って あ

いつでも いまでも いつかは – MANISH

ねえ 日に焼けているその腕を肩に掛けてもいいのよ臆病な人は嫌いなの強引に好きなことしてもい

せつない自由 – MANISH

海沿いから 吹く風は秋の気配桟橋に雲が なびく終わった恋 また取り出してはひとり 溜め息つ

イラナイ – MANISH

『刺激が欲しい…』と叫ぶ繰り返すだけの現実に今は飽き飽きしてる間違いさえも分からない何が自

True Heart – MANISH

「サヨナラ」の言葉ひとつだけでこんなに昨日とは違う街並「いつも強気だね」と君は苦笑いしてた

いつか誰かに出逢うため – MANISH

きのうまで降り続いた雨街の緑にはじけてるみずたまりに映る青空こぼれる笑顔 飛び越えて新しい

君へのメロディー – MANISH

白いシャツの襟に落ちた朝の雫5分前のバス 君をさらって行くもしも話せたらもしも見つめ合えた

恋人と呼べないDistance – MANISH

Tonight 愛で 壊したくないYour Eyes 違う私 捜してるね待ってた言葉に 不

DREAM AGAIN – MANISH

卒業式 近づいた街にPINK色の風 また吹いた終わり見えない恋を望んで追いかけるだけで 過

素直になれない – MANISH

“別に用もないんだけど暇つぶし 電話しただけ”テレかくし軽いジョークでとりあえず言い訳して

Oh! My Life – MANISH

週末の真夜中に 鳴り響いてる電話口の声 いつもとは違う“ねえ 聞いて 信じられない!! 頭

君の空になりたい – MANISH

ほろ苦い想い出も かなりあるよねお互いを 深く知らずにどんなに 肩肘張って生きても誰も皆 

明日のStory – MANISH

独りきりの週末こんな事は久しぶりだね忙しい日々に追われて大事な優しさ無視していた今最後のメ

もう誰の目も気にしない – MANISH

澄みきった 空が 近い海が 見える この街にひとりで 初めて来た助手席に 散らばった君のカ

この一瞬という永遠の中で – MANISH

ふと 君のこと想った瞬間鳴り出した電話から流れた優しい声偶然とか理屈じゃ片付けられない不思

Back to top button