SION

大好きで – SION

その日 彼は浮き足立っていた
可愛い彼女にやっと会えるから

だけど押さえて落ちついて
普通にふるまうのさ
久しぶりと静かに
だめだ 顔を見たらもう
うれしくて 大好きで

とてもクールにはふるまえないのさ
舞い上がった心の音が聞こえるくらいに

子供じゃあるまいに 嬉し恥ずかし
こんなにドキドキしてる
元気だったか 静かに言いたいが
無理だ ふたりでいたらもう
うれしくて 大好きで

子供じゃあるまいに 嬉し恥ずかし
こんなにドキドキしてる
元気だったか クールに言いたいが
だめだ 顔を見たらもう
うれしくて 大好きで
こんなにも 大好きで

人気の新着歌詞

蛍 – SION

蛍を見るなら あの町が一番さ小さな川には いくつも橋がかかってよひっそりと そしてあったか

春夏秋冬 – SION

季節のない街に生まれ風のない丘に育ち夢のない家を出て愛のない人にあう人のためによかれと思い

バラ色の夢に浸る – SION

雨も上がったし仕事も終わった疲れたはずなのに急に元気がでるのさ働いた分だけ解かれた時のこの

タイトルなし – SION

それでも それでも ずっと待ちわびた日だまりに手をかざして閉じた瞼で束の間の春を触るあの日

お前が好きなんだ・Bang! – SION

お前といるだけで 傍にいるそれだけで心浮き立ち 嬉しい恥ずかしその姿たたずまい そしてその

奈落をぶち破れ – SION

呆れ返るほどに もぬけの殻だぜ無敵はどこ行った しばらく見てないぜ痛みを黙らせあいつは笑っ

同じ空の下、違う屋根の下で – SION

同じ空の下 同じ陽射し射す違う屋根の下 違う角度で君は闘う 君と闘う誰も居ない 君の中で君

何処かへ行きたい – SION

取るに足らぬ日切れ目なくうんざりげんなり続いてる時々思う 全部打ち捨てて何処か どっかへ行

気力をぶっかけろ – SION

ここんとこずっとどこか変だなにか変だ 力が入らない心も体もへたばりそうだ諦めないことだけが

独り善がりのアウトローより – SION

アウトロー気取り風を切った日々はもはや遠いあの場所で照れてる髪を切る事や頭を下げる事は生き

ひと笑い – SION

そんな場合じゃないけど ひとつふざけてひと笑いひとりくすっとひと笑いそう言やその昔先生に「

まるで誰かの話のようだね – SION

夕べの雪はいつか雨に変わってまだ暗い夜明けの道は凍ってしまったまるで誰かの話のようだね星の

ここまでおいで – SION

泣いてる君のすぐ傍でふさいでる俺のすぐ傍で乾いた風が転がっているしけった人や街中をここまで

長い間 – SION

俺がお前に いらついている時はきっとお前も 同じくらい俺が嫌いだろうずいぶんと長い間 ふた

路肩の花 – SION

ビルが山に見えて 高速が川に見えて沈む夕日はきれいで 街は空に溶けていくあいつのうれし涙も

泡沫の世を飛ぶ – SION

彼らが落ち着き払って見えるのは 落ち着き払って見せてるからで心の中は誰も大差ない だから恐

バラックな日々 – SION

なりたい自分はいつもその先の角あたりで見知らぬ人でも見るよなつれない素振りで焦げるような風

お前を信じてる – SION

罰当たりの奴に罰は当たらずに恥知らずの顔は何処吹く風に乗ってすいすいと生きているぬけぬけと

人 – SION

飛べない鳥は鳥じゃなきゃ僕は人じゃないあたり前があたり前にできないでいるよだけど僕にはね 

胸を張れ – SION

無理だな もういいや 口にしてみるすぐさま 打ち消し 空を見上げる負けず嫌いの勝ち知らずさ

Back to top button